冷静と情熱のあいだ/あらすじとネタバレと感想

冷静と情熱のあいだ 2001年の邦画

冷静と情熱のあいだの概要

制作:2001年 日本
監督:中江功
出演:竹野内豊、ケリー・チャン、ユースケ・サンタマリア、篠原涼子、他

冷静と情熱のあいだの見どころ

辻仁成と江國香織が男女双方の思いを恋愛小説にし、中江功監督が映画化。
10年後の再会を約束し、別れた男女が本当に10年後にイタリアで再会する物語である。
主演は竹野内豊。

冷静と情熱のあいだのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大学時代、順正(竹野内豊)とあおいはある約束をします。
30歳の誕生日にフェレンツェのドォーモに一緒に行きたい。というあおいからの約束です。
絵画の修復士を目指していた順正は大学時代に香港からの留学生、あおいと出会い、付き合っていました。
しかしその後、二人は別れてしまいます。それでもずっと順正はあおいをずっと忘れられないでいました。
あおいとの約束だけではなく、順正はイタリアのフェレンツェで絵画修復師の修行をします。
順調に成長していった順正はある日貴重な絵画の修復を任されます。仕事に没頭する順正に、友人崇が会いに来ました。そしてあおいがミラノの宝石店で働いていることを知りました。
たまらずに順正は仕事の合間を縫ってフェレンツェからミラノに行き、あおいを見つけます。
しかしあおいは恋人マーブと同棲していたのでした。それを見た順正は勝手にあおいに怒りますが、あおいは私は元気だと、幸せだと順正にいうのでした。順正は別れたら他人だという事を知りました。
そうして帰った順正ですが、修復していた絵が何者かによって切り裂かれていました。そして工房自体も閉鎖されて、順正は日本に帰ります。そして新しい恋人ができます。
順正はあおいとの思い出を回り、あおいに手紙を書きます。
学生時代のことやあおいとの思い出などを自分でも女々しい位に書き出します。
そして順正に国際電話が鳴り、イタリアで先生が銃で自殺したので葬式に出ることにします。そこで絵を切り裂いたのは先生だと知り、再び修復師を目指します。日本に居た恋人とも別れてしまいます。

ネタバレと結末

あおいもその頃、恋人に距離を置こうと言われ別居していました。
あおいも順正も思いだすのはあの約束でした。
そうして約束の日。二人はフェレンツェのドォーモで再会します。
学生時代と同じ曲を聴き、二人はキスをします。その夜二人で過ごしますが、翌朝あおいは帰ります。
順正は勝手にあおいに男が居ると勘違いし、怒りますがあおいは会えてよかったといいます。
しかし後からそれは勘違いで、あおいは一人だと知りあおいを追いかけます。があおいが乗った列車には乗り遅れ、急行に乗って先回りします。
あおいもあおいで色々考えながら列車での時間を過ごし、列車からあおいが下りるとホームで順正が待っていたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました