億男/あらすじとネタバレと感想

億男 2018年の邦画

億男の概要

制作:2018年 日本
監督:大友啓史
出演:佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、他

億男の見どころ

川村元気のデビュー小説を大友啓史監督が映画化。
主演は佐藤健。
兄の残した借金を背負った主人公が三億円の宝くじに当選したことから、新たなる苦悩が生まれてしまう物語である。

億男のみんなのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

一男は兄の残した借金3000万のために、昼も夜もはたらいていました。
昼間は図書館の司書、夜は夜間のパン製造のアルバイトをしていました。一男は借金を背負う前に妻と子供が居ましたが、出ていってしまっていたのです。
毎日毎日朝から晩まで働き続け、たまに娘に会えるのが唯一の楽しみでした。
娘と散歩していると福引があり、老人が券を譲ってくれて福引をします。欲しかったのは子供の自転車でしたが、当たったのは宝くじ10枚でした。忘れていた頃に当選があり、一男は番号を見ると三億円が当たっていました。誰にも言えない一男は一人にだけ、当たったことを告白します。九十九という男で、IT業界で成功している人物でした。九十九なら適切なアドバイスをもらえると思ったのでした。
10年ぶりに会いますが、歓迎してくれます。そして現物を見てから考えた方がいいといい、持ってこさせます。
そして使ってみて考えた方がいいと言われます。九十九にそそのかされて多少は馬鹿なことにお金を使ってしまいます。そして九十九はその残りのお金を持って逃げ出してしまったのです。
もちろん電話にも出ませんでした。そしてバカ騒ぎした時に知り合った人たちに電話して九十九を探し出します。
すると九十九はいろんなことに手を出し過ぎて、借金まみれになっていることがわかりました。
お金はもう戻ってこないこと、お金の価値は誰もわかっていないこと、お金の価値は自分が決めることを教わって行きます。そして九十九の元彼女にたどり着くと、彼女は結婚しており、お金に振り回される人生はもうこりごりだといいました。

ネタバレと結末

一男は借金さえなければ、元妻とやり直せると思ったので元妻の所に行きました。宝くじが当たった事、もう一度やり直したいことを語ります。しかし元妻の口から出てきたのはやり直せないといいました。借金で人生を棒に振った男とは幸せの価値観の基準が違ってきた一男とは、もうやり直せないというのでした。
そして保留にしてあった離婚届を一男に早く出すようにせかします。
一男は借金のために娘のバレエ教室を一番にやめさせたいと口にしていたのでした。
最後に娘のバレエの発表会を見に行った、一男。泣きながら電車に乗ると、目の前に九十九が居ました。
お金を返し「人生に必要なのは、欲するというエネルギーを持ち続ける為の少しのお金」と言い、消えます。
一男は娘が欲しがっていた自転車を買ってもう一度妻の家に行きました。「初めて買ったもの」というメモを残し、元妻はそれを見て微笑みながら考えるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました