模倣犯/あらすじとネタバレと感想

模倣犯 2002年の邦画

模倣犯の概要

制作:2002年 日本
監督:森田芳光
出演:中居正広、山崎努、藤井隆、津田寛治、木村佳乃、他

模倣犯の見どころ

宮部みゆきの小説を森田芳光監督が映画化。
天才と言われる犯罪者の暴走を描いたサスペンスであり、完全犯罪をして楽しむ犯罪者の心理を描写している。
主演は中居正広。

模倣犯のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京の下町で豆腐屋を営んでいる有馬義男は、娘と孫と一緒に幸せな毎日を過ごしていました。
孫娘の鞠子も就職し、娘は旦那の浮気で下町に戻ってきて生活を立て直そうとしていました。
ある日、鞠子が行方不明になってしまいます。真智子は警察に捜索願を出すものの、一向に手掛かりはつかめませんでした。そして10カ月後、大川公園の植え込みから片腕とショルダーバッグが見つかります。そしてわざわざ犯人から、それは鞠子のものだという連絡が入ります。そして鞠子の腕時計を家のポストに入れたのでした。警察に連絡した有馬家の事に腹を立てた犯人はさらに鞠子の残りの死体がある場所を言い、その通りに行くとそこに鞠子の死体があるのでした。
有馬は真智子に心労を掛けたくない一心で、真智子には鞠子が見つかったことを内緒にしていました。真智子は夫が出て行った事と、鞠子がいなくなったことで心労で倒れて入院してしまったのでした。
第一発見者の塚田真一もまた佐和市教師一家殺人事件の生き残りでした。
事件の犯人であるピース(網川)は非常に頭の回転が速くて、知恵のある人物でした。
ピースは最終的にこの事件の犯人は栗橋か高井にしようと思っており、警察もピースの計画通りに動いていました。そして思惑通りに高井は犯人だとされ連行されてしまいます。
高井の妹だけは違うと信じていました。しかし高井の妹にピースが近づきます。高井の妹由美子は美人で、ピースは由美子を手に入れたかったのでした。一緒になって高井は無実であるとテレビで熱演するピース。一時はそんなピースが人気者になるほどでした。

ネタバレと結末

しかしそれを疑う人も居ました。以前ピースに夫を殺されていた前畑滋子です。
滋子は今回の事件もピースが犯人だと思い、徹底的に調査します。
ライターでもある滋子はピースを呼び出し、テレビ局で弁の建つピースと対談を設定します。ピースの事を調べつくした滋子は徹底的にピースをあおります。10年前にアメリカで出版されたノンフィクションの本を出してきて、この方法と全く同じ、つまりは模倣犯であるとピースにいいます。ピースは誤って、模倣犯ではない。完全にオリジナルだと言ってしまいます。
そこに有馬家からも電話が入り、「犯人は愚かだ」と言われた瞬間にピースは自爆してしまうのでした。
有馬はお前には教えてくれる大人が周りにいなかっただけだといい、ピースはスタジオの片隅に居る有馬を見つけます。ピースはVサインをテレビに見せた後、その場で自殺してしまうのでした。
その後有馬豆腐店に手紙が届きます。中継で死んでしまう自分を予想したピースからで、公園に自分の子供を置いているので育ててくれというものでした。そこには赤ん坊と血よりも環境が大事だということを、証明してくださいという手紙がありました。

模倣犯のみんなの感想

ネタバレなし

原作とは大きくかけ離れた改変がなされていて、それが面白い物になっていれば『映画版』としての個性になって利点にもなるが
本作はとにもかくにも主要人物を必要以上に天才として前面に出し、メインストーリーの裏打ちとなっている人物設定や背景がきれいさっぱり薄くなり
色々あるけどコンパクトに一本の映画に納まり主演の中居正広さんも格好良く沢山映る事にのみ注力したような唖然とする作りになっている
物語の中盤も説明しなきゃ見てる方はさっぱリ分からないのに、急に回想が始まり急に終わって壁と中居さんが印象的に写るだけで特に何も入って来ず
ラストがどうなるかは控えるが、我慢して最後まで見たのにまさかオチもそれですか・・・・・・という特殊な呆れ果てを味わった(40代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました