ツレがうつになりまして。/あらすじとネタバレと感想

ツレがうつになりまして。2011年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ツレがうつになりまして。の概要

制作:2011年 日本
監督:佐々部清
出演:宮﨑あおい、堺雅人、吹越満、津田寛治、犬塚弘、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ツレがうつになりまして。の見どころ

細川貂々の漫画「ツレがうつになりまして。」を佐々部清監督が映画化。
主演は宮崎あおい、堺雅人。
キャッチコピーは「ガンバらないぞ!」「すこやかなる時も、病める時も、君と一緒にいたい。」
鬱になった夫を支える妻の話。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイツレがうつになりまして。トルのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

漫画家であるマイペースな晴子は、結婚五年目であるツレの幹男とイグアナ。
幹男は几帳面な性格で、パソコンサポートセンターに勤務しながら電話対応をしていました。
幹男は、弁当に入れるチーズでさえも決まってないと気が済みません。ある日の事、幹男がいつものように弁当を作っていたら突然、「弁当が作れない」といってナイフを握りしめて「死にたい」と漏らしました。
晴子は病院を進め、病院に行った幹男はうつ病と診断されてしまいます。
仕事が激務でストレスが積もり積もったことが原因でした。しかし幹男は薬を飲みながら仕事をつづけました。
心配した晴子は仕事を辞めることを進めました。幹男は断りましたが、晴子は辞めないなら離婚すると強く言ったのでした。上司はそれでもパワハラを辞めず、幹男はそれからひと月通いました。
そして会社を辞めた幹男は不眠症から嗜眠症(半分眠ったような症状)になり、一日中寝て過ごすようになります。幹男はそんな自分をまた攻めてしまうのでした。
晴子はがんばらないようにと慰めます。
そして幹男の収入が無くなってしまった晴子は、連載を打ち切られた編集社に行き、「ツレがうつになりまして!」と仕事をもらいに行きました。
別の小さな部門の編集者を紹介されて行ってみると、編集者自身も以前うつ病になったことのある人で、理解がありました。実用書のイラストを回してもらい、せっせとこなしている晴子。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

父や母の理解もあって、みんな幹男を見守ります。
そんなころ、晴子の父の理容院に出入りしていたうつ病の治りかけの子が自殺しました。うつ病は直りかけの時でも気が抜けないと晴子の親は思いました。
しかし家では締め切りの前に、幹男が話しかけて邪険にしたのが原因で幹男は風呂場で自殺未遂を起こしてしまいました。晴子は幹男に謝り、二人は風呂場で号泣します。
編集者に書きたい物を書いてみることを進められた晴子は、ペットのイグアナを書き連載が決まります。
そして二人は結婚式を挙げた人たちの同窓会のようなものに出て、そこで二人は自分たちを襲ったうつ病の話をします。そして「ツレがうつになりまして。」の漫画を思いつきました。
薬を服用しなくてもよくなった晴夫が会社を立ち上げ、ツレがうつになりまして。は無事に漫画化されたのでした。マンガも売れて、幹男には講演会の話が舞い込みます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました