デンデラ/あらすじとネタバレと感想

デンデラ2011年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

デンデラの概要

制作:2011年 日本
監督:天願大介
出演:浅丘ルリ子、倍賞美津子、白川和子、星野晶子、小野敦子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

デンデラの見どころ

佐藤友哉の小説で姥捨て山の話を題材にしたもの。
村の掟で70歳になると村ぐるみで家族に捨てられるという決まりがある。しかし老女たちはデンデラという共同体を作り村への復讐を立てるがヒグマに襲われてしまい、まずはヒグマとの生死を掛けた戦いをするというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

デンデラのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

雪の積もる姥捨ての風習が残る田舎の山奥では70歳になると村ぐるみで家族が捨てに行く場所がありました。
斎藤カユも例外ではなく今年70歳になり、息子がカユを背負い山に入ります。断腸の思いでカユを墓の前に下ろして急いで帰って行きます。カユも覚悟しながら雪の中でじっとしていました。
夜になり、寒さも厳しくなってきた時、ついにカユは倒れてしまいます。二人の老婆が来てカユを連れて行くのでした。カユが目覚めると藁で作った家の中でした。そこにはかつて捨てられたはずの老婆たちが暮らしていました。老婆たちが暮らすデンデラがあたり一面に広がっていたのでした。老婆たちは互いに助け合い、自給自足をしながら第二の人生を歩んでいます。カユは死んだと思っていた人々に再会し驚きます。中でもカユよりもはるか年上のメイが生きていたことに驚きます。そのメイこそがデンデラの長でした。メイは三十年前に捨てられて自力で生き延びて家を作りました。そして次々と捨てられる老婆を助けてデンデラを作り上げたのでした。メイは老婆ばかりが捨てられて男は捨てられないことから、村に復讐する計画を立てていました。そのため老婆たちは厳しい稽古をしていました。しかしカユは生きることに執着しておらず、デンデラで生きることに悩みます。村を襲う日が近づいてきますが、一人反対するものも出てきました。反対しているマサリは家族で村八分にされたあげく、男達の慰み者にされた経緯がありました。マサリはそれでも平和主義であり、一番の復讐はデンデラが豊かになることだと言います。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

カユもそういわれて更に悩みます。実はカユも今までに捨てられた老婆が自力で帰ってきた所で男たちに暴行され殺されているのを見ていたからです。
その日の夜、デンデラはヒグマに襲われます。何人もの老婆が襲われ、亡くなりました。デンデラの人は人の味を覚えたヒグマはまた帰って来ると思い、瀕死の状態の老婆を置いてヒグマを誘い襲撃します。そしてメイこそ亡くなったもののヒグマを撃退でき、カユも村を襲う事にします。しかし村に戻るまでの道中に雪崩が襲ってきてメイや仲間を失って一度デンデラに帰ります。老婆たちはすっかりやる気を失くしてしまいますがカユは一人で山に入ってクマを殺すと言い、ヒカリと山に入ります。ヒカリがヒグマに襲われて死亡し、カユはクマを誘導し村まで連れて行きヒグマが村人を襲い、カユは結果的に村に復讐することに成功したのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました