そのときは彼によろしく/あらすじとネタバレと感想

そのときは彼によろしく2007年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

そのときは彼によろしくの概要

制作:2007年 日本
監督:平川雄一朗
出演:長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、国仲涼子、北川景子、他

スポンサーリンク

そのときは彼によろしくの見どころ

市川拓司の恋愛小説「そのときは彼によろしく」を平川雄一朗監督が映画化。
主演は長澤まさみ、山田孝之。
主題歌は柴咲コウの「Prism」と豪華キャストで人気を呼んだ。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

そのときは彼によろしくのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

智史は子供のときからなぜか水草に取りつかれていて、大人になってからも水草のお店を開いています。
ある日、親しげに話しかけてくる女性がいました。その女性は智史の子供のころの友達鈴音でした。
鈴音は有名なモデルになっていました。しかし智史はそんなことは知りません。隣のパン屋が教えたくらいです。
なのに鈴音は住み込みでここでバイトしたいといいます。鈴音が昔智史からもらったプリズムで遊んでいる所を見て、やっと思いだしたくらいでした。
智史、鈴音、祐司の三人は子供のころ、仲がいい三人組でした。祐司と鈴音は孤児で、もともと二人で居たのです。智史の父は医者でしたが、三人は仲良くなりました。そのうちに智史の父から誕生日に水草を育てる小さな水槽をもらいました。それを見た鈴音はうらやましそう。智史は両親に頼み、鈴音の誕生日パーティを開いてあげることにしました。そこであげたのがそのプリズムなのでした。双眼鏡の中から取り出したもので二つとないものでした。智史の父は鈴音の病気に気が付きます。眠ってしまうと起きられないのです。だからこそ鈴音は眠らないようにしていました。父と鈴音は智史に病気の事を内緒にすることを誓います。
祐司は父を失くしていて、母もいつか迎えに来てくれると信じていました。そんな祐司を二人が探しますが、祐司は入院していました。詐欺により心も体も傷ついた祐司。そして鈴音も自分にももうあまり時間がないことに気が付いています。最後に二人に会いたいと思い、会いに来ていたのでした。鈴音は今度眠ってしまったら起きられないかもしれないと思い、智史に冷たくします。

ネタバレと結末

智史が帰ってから、鈴音は三人でよく遊んだ秘密基地に行きます。
そしてそこで鈴音は眠ってしまいます。鈴音を心配していた智史は探しに来ます。智史は鈴音を病院に連れて行き、入院させ、退院した祐司も心配で病院に来ました。二人とも鈴音の病気を聞いて心配なのです。
このまま一生鈴音が目を覚まさないのかもしれないと不安になってしまいます。智史と祐司はできるだけそばにいるようにします。それからしばらく経ち、鈴音が奇跡的に目を覚まします。そのまま智史の店に行き、再会した智史と鈴音は抱き合います。夢の中で智史に会い、そのおかげで目が覚めたといいます。「そのときは彼によろしく」といい映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. ヌー男性40代 より:

    長澤まさみはこういう役が似合う

    小さな熱帯魚ショップの店主・山田孝之演じる・遠山智史のもとにアルバイトをしたいと現れたのが長澤まさみ演じる・森川鈴音。原作を知っていて読むとあれだが、知らなくても何らかの事情があることや2人が知り合いだったことにはすぐに気づく。そして、彼女の態度から何らかの事情があり時間がないことにも気づく。気づかない方が白々しい。ただ、山田孝之と長澤まさみでこのストーリーはそれだけで似合いすぎて良しとするしかない。

2007年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました