極悪人/あらすじとネタバレと感想

極悪人 2010年の邦画

極悪人の概要

制作:2010年 日本
監督:内田直之
出演:加藤翔、周防ゆきこ、山崎潤、大木あゆみ、他

極悪人の見どころ

連続女性殺人事件を捜査する二人の刑事が行きついた先の犯人は、けた外れの極悪人で最後には自分の妊娠中の妻にまでナイフを突き立て、刑事は追い詰めて殴り殺してしまうというストーリー。

極悪人のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

50件を超える連続女性殺人事件が起こります。その手口は家出少女を捕まえて監禁しては殺していくというものでした。
捜査会議では公開捜査にはせずに、公安は裏で動いて捕まえろと言います。そこで刑事の富山が犯罪心理学専門木田成美警部補と組むことになりました。木田はキャリアなのでそのままでも出世できるものの、現場を体験したいという事で捜査課に配属になりました。
しかし捜査は一向に進みません。成美は殺された女性の携帯電話が必ず無くなっていることからコレクションしているのではないかと富山に持ち掛けます。富山は富山で現場には必ず金髪の髪が落ちていることに気が付きました。しかし犯人像が全く浮かばないのでした。
その頃その犯人は携帯電話で家出掲示板をくまなくチェックしています。
一方で女子高生の麻子は行方不明になった真琴の家に来ています。真琴は家出をしており、男と二人でいる所を見た麻子が真琴の母に話します。母は警察に相談するものの警察には無視されてしまいます。
その頃男は真琴に襲い掛かり、真琴に抵抗されて放り出します。呆然としている真琴に金髪の男(犯人)が近づき殺します。そして真琴の死体が見つかり富山と成美は監視カメラで清掃会社の服を着た金髪の男を見つけて捜査開始します。その男の名前は宇治野翔吾。話を聞きに行こうとしているうちに、署から連絡があり一家惨殺がありその現場に宇治野の会社の見積もりを見つけた高橋と谷田も宇治野の家に急ぎます。
しかし宇治野は、高橋と谷田を殺してしまいます。そしてそのまま拳銃を奪って逃走してしまうのでした。

ネタバレと結末

富山と成美は麻子に会いに行き、宇治野の写真を見せても麻子は知らないと言います。
そして麻子は家出掲示板に自ら書き込み、宇治野をおびき寄せ富山と成美に電話します。富山と成美は驚いてすぐに助けに行くものの罠にはまって麻子と成美は拉致されてしまうのでした。
その間に麻子の友人の由美も殺されていました。そして成美の前で麻子が殺されてしまいます。富山の目の前に真琴の母の頭が入った袋を持って来ています。宇治野は成美をレイプし、次の目的を富山の妊娠中の妻にしました。富山が家に帰ると宇治野に銃で撃たれた上に宇治野は妻のおなかにナイフを突き立てました。
富山の傷が治り、宇治野のアジトに行き富山は宇治野を殴り倒します。とどめに銃で撃ち殺します。宇治野をやっと止めることができたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました