暗いところで待ち合わせ/あらすじとネタバレと感想

暗いところで待ち合わせ2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

暗いところで待ち合わせの概要

制作:2006年 日本
監督:天願大介
出演:田中麗奈、チェン・ボーリン(陳柏霖)、井川遥、宮地真緒、岸部一徳、佐藤浩市、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

暗いところで待ち合わせの見どころ

乙一の長編小説「暗いところで待ち合わせ」を天願大介監督が映画化。
主演は田中麗奈。
目の見えない少女の前に殺人容疑で追われた男が逃げ込み、共同生活をしていく話。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

暗いところで待ち合わせのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ミチルは目が見えません。父と二人暮らしで、母はミチルが幼いころに居なくなりました。
ミチルはまだ点字もうまく読めませんでした。ある日ミチルの誕生に父がオルゴールに入った音声時計のペンダントをプレゼントしました。
そしてまたある日、電話がかかり、父が亡くなったという知らせが来ます。
父の葬式の日、母が来ていることを知り、お母さんを呼んで泣き叫びます。
そしてミチルの一人暮らしは始まります。救急車のサイレンが鳴り響き、ミチルは自分が視力を失った日の事を思いだしてしまいます。
それから玄関のチャイムが鳴り、出てみると男の人がいました。玄関の戸が開いた隙にこっそりと忍び込みます。
その日、ミチルの家から見える駅で転落事故があったことをニュースで知ります。突き落とした男が居ると報道していましたが、その男はミチルの家でこっそりニュースを一緒に見ていました。
ミチルが眠るのを待って、男は好き放題に食べたり飲んだりします。その男はアキヒロ。そして印刷会社に勤めていました。突き落とされた男松永もまた同じ会社でした。
アキヒロは日本人だけど、中国で育ったため、日本語が少し不慣れです。よって、職場でも浮いていました。松永はそんなアキヒロのことが気に入らなかったようです。
あの日、アキヒロは松永の真後ろに立っていたのでした。ニュースではアキヒロを疑う報道をしてアキヒロを探していました。
そこへハルミが飛んで行った洗濯物を持ってミチルの家に来ます。ハルミの店に行き、カズミと家に誰かがいるみたいだというハルミ。カズミはあんまり真面目に聞いていないようです。
家に帰ったハルミは眠る時に誰かの物音を感じます。カズエに言われて外に出るようになるハルミ。
そしてアキヒロの事を確認するのでした。その日からご飯は二人分作りました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

・・・アキヒロがあの日見たのは、松永を押したのは女でした。
アキヒロはミチルと仲たがいしたカズエの家までミチルを連れて行くとそのまま居なくなりました。
アキヒロはあの日突き落としたのはハルミだと知ります。クリスマスイブの日、アキヒロはミチルにハルミの事を言い、ミチルは問い詰めます。問い詰められたハルミはミチルの首を絞めアキヒロに助けられます。
助かったミチルはアキヒロと一緒に暮らしだすのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました