チーム・バチスタの栄光/あらすじとネタバレと感想

チーム・バチスタの栄光 2008年の邦画

チーム・バチスタの栄光の概要

制作:2008年 日本
監督:中村義洋
出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、他

チーム・バチスタの栄光の見どころ

海堂尊のデビュー作であり第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した小説を中村義洋監督が映画化。
心臓移植を行う「チームバチスタ」の成功率は100%でした。しかし三件立て続けに術中に死亡してしまいます。理由は何か?謎を解明していくサスペンスドラマです。
主演は阿部寛。

チーム・バチスタの栄光のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東城大学付属病院には拡張型心筋症に対するバチスタ手術を100%で成功させると言われている桐生恭一を中心にエリート医師を揃えた「チームバチスタ」がいます。
しかしこのところ三件続けて術中に患者が死亡してしまう事故が続いてしまいます。
院長は心療内科の田口に原因を追究するようにいいます。そして膨大な資料と内定が始まります。
が、田口自身は血を見るのが嫌で心療内科になったので、先は困難でした。
田口はまずチームバチスタのメンバーに話を聞いていきました。するとメンバーはそれぞれに怪しいと思う人物が違います。いくら聞いても真実はわからず、田口が困っている所に重い心臓病の反米ゲリラの兵士がヘリで運ばれてきます。アメリカが手術を拒否したために、チームバチスタを頼ってやってきたのでした。
手術後に田口は麻酔医氷室に話を聞きに行きます。氷室もまた優秀な麻酔医で眠る暇もない位忙しいのです。田口はあまり相手にされず話もできないまま氷室は去って行きました。
田口は東城大学付属病院には麻酔医が少ないことに気が付きます。
それでもなかなか原因はわかりませんでした。そもそも難易度の高い心臓手術で人が死ぬのは当たり前ではないかと思ってきた田口は夜にソフトボールをしていると厚生労働省の白鳥に会いました。白鳥は田口に会うなり「あなたを助けにきました」と言います。そして白鳥は再度聞き取り調査を始めました。

ネタバレと結末

強引な聞き込みで怒りを買って犯人を見つけ出そうとする白鳥。
そしてさらに患者が心臓手術中に意識不明の重体になり、亡くなってしまいます。
白鳥は飛んできて小倉の遺体をMRIを通して画像で診断しようとします。田口は動画を見てチェックするのでした。そして田口は患者が死んだのは脳が圧迫されたことが原因だと思い、皆に言うと驚かれます。
そして白鳥も術中に脳に空気を送り込んだものがいるというのでした。
それができるのは麻酔医だけです。氷室ははじめは否定したものの自白します。氷室は忙しさから精神的に病んでいたのでした。それでも子供の手術だけにはできなかったといいます。
はじめの失敗は天才外科医である桐生の目が見えていなかったことです。桐生はメスを手放すことにします。
解決してまた田口がソフトボールをしていると白鳥が笑顔でやってきます・・・。田口は逃げ出したい気持ちでいっぱいなのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました