おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

溺れる魚/あらすじとネタバレと感想

溺れる魚2001年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

スポンサーリンク

溺れる魚の概要

制作:2001年 日本
監督:堤幸彦
出演:椎名桔平、窪塚洋介、仲間由紀恵、IZAM、渡辺謙、他

スポンサーリンク

溺れる魚の見どころ

戸梶圭太の小説を堤幸彦監督が映画化。
「溺れる魚」と名乗る犯人を二人の刑事が捜査していく物語である。
主演は椎名桔平、窪塚洋介。

溺れる魚のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

白州勝彦警部補(椎名桔平)は麻薬取引の現場で、犯人を射殺してした上に組織のお金も着服してしまいます。
秋吉宗貴巡査(窪塚洋介)は女装趣味で、婦人警官の制服を盗んで特別監察官室の相川から尋問を受けています。
二人の罪を帳消しにする代わりにに、警視庁公安部の石巻修次警部を調査するように命じます。
ギャンブル好きで借金を抱える石巻はタイトーコミュニケーションやチャイナマフィアなどの癒着がささやかれています。とりあえず白州と秋吉は石巻のお気に入りのクラブを張り込みました。
ある日の事、タイトーコミュニケーションに“溺れる魚”と名乗る人物から脅迫文が届きます。内容は街中でモーニング娘。のハッピーサマーウエディングを裸で踊るものでした。もし無視した場合は写真の現像液タンクに“例の物”を入れるというもの。タイトーコミュニケーションは写真の会社です。
白州と秋吉は、石巻のクラブのオーナー岡部哲晃にたどり着き、石巻の情報を聞きます。
岡部は二人を気に入り、特に秋吉を気に入っています。そして石巻は“溺れる魚”の正体が岡部であることを突き止めました。石巻は岡部を強請し、大金をよこせば黙っておくといいます。しかし岡部も逆に石巻を強請ります。
実は岡部と石巻の会話は白州が盗聴器をしかけて筒抜けでした。警察は岡部の逮捕に乗り出します。
実は岡部は子供のころに両親を殺されており、タイトーコミュニケーションが主催したアート作品に家族の遺骨を使った事で賞を却下されて恨んでいたのでした。
秋吉は岡部に自首するようにすすめます。しかし岡部は秋吉の携帯に盗聴器がある事を発見します。

ネタバレと結末

したたかにも石巻は“溺れる魚”を名乗り、中国人を利用してタイトーコミュニケーションを強請ります。
取引所に4000万持ってくることを約束させました。石巻の仕業だと思った白州と秋吉と相川は現場に向かいます。
そこにはタイトーコミュニケーションの保坂、護衛のヤクザ、岡部が集まります。
指定した場所には白州が大ファンの宍戸錠の撮影と新興宗教の教祖の会が広げられており、ヤクザがはじめた銃撃戦は一般市民を巻き込んでしまいます。教祖や保坂は死に、中国人は石巻を殺し、タイトーコミュニケーションが用意した金を奪って逃げます。そこに黒幕の御代田が来ます。すべての罪を石巻になすりつけて殺す計画だったのです。白石と秋吉と相川は御代田に追い詰められた時、岡部が来て自分を殺せと言います。
岡部を殺し、御代田は白州を道連れにしますが白洲は間一髪で助かります。白石と秋吉と相川はタイトーコミュニケーションの脅迫金4000万円から200万円着服し夜の街に消えるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2001年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました