バッテリー/あらすじとネタバレと感想

バッテリー 2007年の邦画

バッテリーの概要

制作:2007年 日本
監督:滝田洋二郎
出演:林遣都、山田健太、鎗田晟裕、蓮佛美沙子、天海祐希、他

バッテリーの見どころ

あさのあつこの児童文学である「バッテリー」は1000万部を超えるベストセラー小説です。
アニメドラマ化されたあと滝田洋二郎監督が映画化。そのあとはNHKでドラマにもなりました。
少年野球のピッチャーとキャッチャー(バッテリー)の成長物語である。
主演は林遣都。

バッテリーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

原田巧(林遣都)は中学に入学する春に父の転勤で、母の実家のある岡山県新田市にやってきました。
巧のおじいちゃん、洋三は甲子園出場校の名監督で巧もまた少年野球をしており、ピッチャーをしていました。
巧には病弱な弟青波が居て、母はいつも青波についていました。
新田神社に走りに行った巧は、同じような少年野球、新田スターズのキャッチャー豪と知り合いました。
一回球を受けされてくれと豪が声をかけ、二人は意気投合します。
そして同じ中学に入学し、野球をする喜びに満ちていました。
しかし巧は戸村監督と意見が食い違います。それでも巧の実力を見抜いた戸村監督は一年の巧をレギュラーにしました。展西たち三年生は当然おもしろくなく、巧を集団でリンチしてしまいます。
このことが公になり、野球部は活動停止になり夏の最後の大会は出場できなくなってしまいます。
戸村監督はリンチに関わっていない三年生たちを想い、引退試合をしようと言いだします。
そこで巧と豪の間に信頼が崩れる事件がありました。事件と言っても二人の息が合わなかっただけです。
試合を聞いていなかった横手二中の安藤監督が飛んできて試合は中止になりました。
巧は豪に信頼がすべてだとお互いを信用しなおすように言い、バッテリーは復活します。
横手二中とは改めて試合をすることで話をつけてきた戸村監督です。

ネタバレと結末

その再試合の日、巧の弟青波が倒れてしまいます。巧は一緒に病院に行くことにし、試合は代理のピッチャー高槻に代わってもらいました。
病院に着くと青波は巧に、巧が野球をしている姿が自分の励みになっていることを言いました。
巧は色々考えるよりも、自分が野球しようと心に誓います。そして球場に行き、待っていた豪は喜びます。
二人ともこないだの失敗や迷いはありませんでした。バッテリーとして球が決まっていく二人にチームメイトは驚きます。
そこに巧の母の応援が聞こえます。いつもなら、母は青波の看病につきっきりで、むしろ巧が野球の事ばかり考えていることをあまり良く思っていなかったのか、応援もあまり来てくれていなかったし、青波の事で忙しい母は巧とケンカばかりしていたのに、母は自分を応戦してくれていました。
母の居る前で、巧は絶好調で球を投げるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました