十五才 学校IVのあらすじとみんなの感想

十五才 学校IV 2000年の邦画

十五才 学校IVの概要

制作:2000年 日本
監督:山田洋次
出演:金井勇太、麻実れい、赤井英和、秋野暢子、笹野高史、他

十五才 学校IVの見どころ

山田洋次監督の「十五才 学校」映画シリーズ第4弾。
今回は不登校の子にスポットを当て、横浜から屋久島までの少年の旅を映し出している。
主演は金井勇太。

十五才 学校IVのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

中学3年生の川島大介は半年の間不登校を続けていました。
学校がおもしろくない、そして朝になると謎の腹痛に襲われていたのでした。そんなある日の事、横浜に住んでいた大介は屋久島の縄文杉がどうしても見たくなり、両親にも告げずに旅にでます。
そしてヒッチハイクを繰り返す旅で屋久島まで行こうとします。

はじめに乗せてもらった運転手からは説教を食らい、大介は降りてしまいました。次に乗った運転手は大型トラックで積み荷を手伝ったり、話をしながらスムーズに大阪まで進みます。
大阪で別れ、次に九州に帰るというトラック運転手に乗り込みます。その運転手はシングルマザーでつい、なぜ学校に行かないのか聞いてしまいます。

大介はぽつぽつと不登校になった理由を話し出します。それはよくある思春期の問題で、何も面白くないと思い込んでしまうのが原因でした。それでもわかったふりをして学校に行くことが大介にはできなかったのでした。
そしていつしかそこから抜け出せなくなり、不登校になったといいます。
その頃横浜では大介の両親が必死に探していました。
やがてトラックは九州に就き、運転手は自分の家にも学校に行かない子が居ると言って、大介を家に誘いました。息子と大介は仲良くなり話し続けました。そして二人ともちょっぴり前進できたのでした。
次の日、運転手は息子と大介を港まで送り、息子は大介に向けて詩を作り読み上げました。そんな息子の成長に運転手はほろりとしてしまうのでした。
そうして大介は無事に屋久島に行けたのでした。

ネタバレと結末

屋久島では登山客であった真知子に誘導してもらい山を登りました。
山道に弱りながらもなんとか念願の縄文杉にたどり着き、大介は感動します。
その後山を下り、真知子と別れた大介は一人暮らしの老人である鉄男と知り合い、その日は鉄男に泊めてもらいました。しかし次の日の朝、鉄男の容態が悪くなり、大介は残って鉄男の看病をするのでした。
今まではしてもらうことばかりだった大介が誰かのために動いて喜んでもらえるという大介にはこれからの事を考える大きなきっかけとなりました。
そこへ鉄男の息子がやってきて、鉄男を無理に入院させてしまいます。この度でいろいろと成長した大介は旅という学校を終えて横浜に帰り、本当の学校に通って学ぶようになるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました