マリと子犬の物語/あらすじとネタバレと感想

マリと子犬の物語 2007年の邦画

マリと子犬の物語の概要

制作:2007年 日本
監督:猪股隆一(本編)清水俊文(特撮)
出演:船越英一郎、松本明子、広田亮平、宇津井健、高嶋政伸、他

マリと子犬の物語の見どころ

2004年に起きた新潟県中越地震の新潟県山古志村で実際に起きた話を元に猪股隆一監督が映画化。
主演は船越英一郎。
2004年の新潟県中越地震で震災発生から16日間を生き抜いた母親犬と三匹の子犬の感動の物語である。

マリと子犬の物語のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

新潟県山古志村の役場職員である石川優一(船越英一郎)。
自分の父と息子の亮太、娘の彩との四人暮らしでした。優一は早くに妻を亡くし、母も居ないことから、長岡の美容院で働く義妹の冴子によく頼っていました。
ある日そんな石川家に新しい家族がやってきます。彩が拾ってきた1匹の雌の子犬です。名前を「マリ」とつけ、すくすくと成長していきました。やがてマリは三匹の子犬を生みます。一家は家族も増え、幸せな毎日を過ごしていました。
しかし2004年10月23日のこと、新潟県中越地震が発生し、新潟県全域を襲う被害が出ます。
勇一は仕事に。兄の亮太は課外授業に。彩は父とマリと子犬三匹と一緒に家に居ました。
家は地震で崩壊寸前でした。父は必至で彩を守り、一足先に家から出たマリはがれきに埋もれた二人を必至の救助(掘る)を始めます。マリは自衛隊が来ると必死で誘導し、二人が居ることを知らせます。
父は足を怪我しており、彩は無事です。二人はヘリコプターで救助されるものの、犬たちはそのまま残されてしまいました。
病院に着いた父はマリに見守られたことを感謝しつつ、マリを置いて来てしまったことを悲しみます。
村人たちはみんな避難所暮らしです。そして今度は山古志村に嵐がやってきます。
村自体が水没してしまう可能性があると言われ、亮太と彩はマリを助けようと避難所を抜け出します。
二人が居ないことに気が付いた優一は二人を追いかけていきます。

ネタバレと結末

道路はまともに通っておらず、けもの道を歩きますが、途中で彩が熱を出してしまいます。
そこで優一が追い付き、連れ戻しました。
マリたちはそれまで飼い犬だったのにもかかわらず、サバイバル生活を余儀なくされていました。
過酷な日々が続きますが、汚れても食料を探し出しカラスとも戦います。湧水を探し出し、必死で生きていました。地震発生から16日経ったころ、村人たちは一時帰宅を許され家に帰ります。
しかし村は水没し、廃墟と化していました。優一は亮太と彩はヘリコプターで村に戻ると、そこに三匹の子犬が喜んでかけてきたのでした。どろどろになりながらも生きた三匹。そして傷だらけになったマリが歩いてきて、優一家族とマリの家族が再会を喜ぶのでした。

マリと子犬の物語のみんなの感想

ネタバレなし

マリと子犬の物語は、私がワンちゃんが好きなのでこれを見て号泣せずにはいられませんでした。それはなんといっても、ワンちゃんの姿を見ると人間に忠実に生きていると思えるからです。ワンちゃんの命と人間の命、そのどちらも大きなものだと思っています。しかしそのような法律がないので、助けることができないのは当然のことですね。しかし涙が止まりませんでした。最高の感動映画です。(50代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました