予言/あらすじとネタバレと感想

予言2004年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

予言の概要

制作:2004年 日本
監督:鶴田法男
出演:三上博史、酒井法子、堀北真希、小野洋子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

予言の見どころ

つのだじろうの「恐怖新聞」をモチーフに鶴田法男監督が映画化。
恐怖新聞を読んでしまった男が娘の死亡事故を予言されていた物語である。
主演は三上博史。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

予言のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大学教授の英樹(三上博史)は仕事の事しか頭になく、家族と過ごす時間もそっちのけで仕事にのめり込んでいました。
ある日の事、公衆電話に入ると、新聞の切れ端が目に入り、つい読んでしまいます。
英樹は娘が交通事故死してしまうという新聞の切れ端でした。その次の瞬間に家族の車を停めていたところにトラックが突っ込んできて炎上してしまいます。その車に娘も乗っていました。新聞記事の通りに亡くなってしまったのでした。
妻は車の外に居ましたが、軽いけがを負っただけで済みます。
事故から三年後、英樹は高校教師になっており、教え子の里見が奇妙な行動をしているのが目につきます。そして再び英樹に恐怖新聞が届くようになりました。
英樹はいたるとことでこの新聞の話をしますが、誰も信じてくれませんでした。ついには高校も首になり、妻にも離婚されてしまいます。取りつかれたように新聞のことを話すようになった英樹の事を心配した大学で念写の研究をしている妻が、超能力者に相談してしまいます。すると「恐怖新聞」と言われる新聞である事が解りました。それは人の恐怖を念写したものだといいます。妻もその恐怖新聞のことを信じだしました。そして英樹に連絡するのでした。
恐怖新聞を読むから、事故が起こったのか、恐怖新聞は受け取る人を選んでいるのか全然わかりませんが新聞は届きます。英樹は事件が起こるのを知っていながら娘の死を止められなかったことを悔やみます。
しかし妻は娘を失っており、これ以上夫まで失いたくないと思っています。
そして英樹は恐怖新聞に逆らうことはできないというルールを無視して、未来に電車事故で死んでしまう妻を助けます。その対価として英樹は、急速に老化していき生きているのか死んでいるのかもわからない地獄を味わってしまうことになりました。
英樹は時空を旅して戻れないのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

未来を変えることができないのに、何度も娘の死亡事故の前に戻されてしまう英樹。タイムパラドックスに苦しんでしまいます。キミがいちばん苦しむように新聞が導くだろうと言われ絶望してしまいます。
娘だけを助けようと行動してしまうと、今度は妻が死んでしまう運命なのです。どうやっても二人を助けることのできない英樹は考えます。
そしてこの地獄を止めるのは、自分自身が死んでしまうことの他にはないという事に気が付きます・・・。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました