CASSHERN/あらすじとネタバレと感想

CASSHERN 2004年の邦画

CASSHERNの概要

制作:2004年 日本
監督:紀里谷和明
出演:伊勢谷友介、麻生久美子、寺尾聰、樋口可南子、小日向文世、他

CASSHERNの見どころ

タツノコプロによるテレビアニメ『新造人間キャシャーン』を紀里谷和明監督が実写映画化。
紀里谷和明のデビュー作品でもあり、宇多田ヒカルの曲とコラボと前評判も良かった。
主演は伊勢谷友介。宇多田ヒカル「誰かの願いが叶うころ」。
人間が作り出した新造人間と人間の戦争の物語である。

CASSHERNのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

パラレルワールドでは大亜細亜連邦共和国(日本を含む)とヨーロッパ連合との50年戦争で、大亜細亜連邦共和国が勝利し、ユーラシア大陸をほぼ網羅していました。
しかしいい事ばかりではなく、大亜細亜連邦共和国は深刻な公害病に悩まされていました。
遺伝子工学の権威東博士は公害病を研究し、自分が研究している「新造細胞」について発表します。

この新造細胞というのは万能細胞であり、培養に成功すれば人体のスペアパーツを自由に作り出せる(今でいうIPS細胞)というのでした。軍上層部は乗り気で、東博士は陸軍本部で研究に没頭できるようになりました。
というのも博士の妻ミドリも重い病に侵されており、一刻も早く実現させたかったのでした。
しかし一人息子の鉄也は父の研究に反対します。婚約までした恋人の上月ルナを置いて鉄也は従軍入りを決意するのでした。・・・一年後、鉄也はテロに巻き込まれて死亡します。そして遺体は陸軍本部に運ばれてくるのでした。東博士がそのことを聞いた瞬間、研究所に大きな落雷がありました。そして培養槽に稲妻が落ちます。すると培養液の成分が予想外の動きを繰り返し、培養液から人間が作り出されます。
緊急事態になり、出来上がった人間もどきはすぐに殺されてしまいますが、ブライキング・ボス、アクボーン、バラシン、サグレーの4人は逃げ出すことに成功してしまいました。

ネタバレと結末

彼らは鉄也の死を知り、急いできたミドリの車を奪い取り第七管区に逃走します。
一方博士は新造細胞の培養液に鉄也の遺体を入れて蘇生させることに成功しました。
ブライアンたちはロボット工場を発見し、自分たちを新造人間とし、国を作ることにします。仲間たちが殺されたことで人間を憎み、ロボットを大量生産します。戦いは激しく、鉄也も参戦しますが博士を殺されてしまいます。その頃軍上層部に耐えられなくなってきた将軍の息子上条ミキオがクーデターを起こし、軍の指揮権を取り上げました。激しい戦いが繰り広げられる中、鉄也とルナはキャシャーンという守り神の話を聞きました。鉄也は俺の名はキャシャーンと名乗り戦いを続けます。
もともと新造人間を作り出した新細胞は少数民族が持っていたもので、その民族がサンプルのために殺されて行っていました。人々は殺し合いを続け、巨大な爆発によって多くの人が死んでしまいます。
人々が思いやって生きていくには許し合いが必要だと思うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました