252 生存者あり/あらすじとネタバレと感想

252 生存者あり 2008年の邦画

252 生存者ありの概要

制作:2008年 日本
監督:水田伸生
出演:伊藤英明、内野聖陽、山田孝之、香椎由宇、木村祐一、他

252 生存者ありの見どころ

監督は水田伸生。主演は伊藤英明。
巨大地震のあと台風が襲い、地下に閉じ込められている人々をハイパーレスキュー隊が救出する物語である。

252 生存者ありのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

9月14日、小笠原諸島沖あいにて、震度5の地震が発生します。その3日後、海底に大穴が開き、マグマが噴出し、海水の温度が上昇していることが判明します。
9月15日、気象庁では東京に海水上昇による影響で積乱雲が発生し、台風が来るという予測をします。が、混乱を避けるために発表はナシで行くことにしました。
そのころ、自動車の営業をしていた篠原祐司は成績が上がらず困っていました。祐司には嫁とろうあの娘が居ます。
ハイパーレスキュー隊隊長の篠原静馬はこの日も危険な救助をしていました。犠牲を最小限にするため、早々と引き上げる篠原を若い隊員は疑問に思っていました。
9月16日、祐司は昨日の娘の誕生日プレゼントを買いに銀座に寄った後、新橋駅で家族で待ち合わせします。祐司がプレゼントを買い、待ち合わせ場所の駅に行くときに外に出ると、すごい速さで暗雲が立ち込めてきて15センチもある雹(ひょう)が降り出します。急いで逃げる人たち。そこで巨大台風がやってきて、東京を大津波が襲います。
新橋駅で待っていた裕司の妻と娘は混乱で逸れてしまいました。電車で新橋駅に着いた裕司は娘を見つけ、電車を降りようとしたものの、乗ってくる人に押されてしまいます。そして地下鉄のトンネルから音がして全員黙ります。トンネルから海水が流れ込んできていました。裕司ももちろんその津波に飲まれてしまいます。
海水が引き、救助活動を始めた消防庁でしたが想像以上に被害は大きかったのでした。
篠原は裕司の妻を見つけ、裕司の妻は娘とはぐれたと泣いていました。とりあえず裕司の妻を救助活動の本部に連れて行きます。

ネタバレと結末

裕司は目が覚めてすぐ娘を探しに行きます。新橋駅に着くと重村を発見。彼もまた無傷でした。
しかし地下鉄はがれきで埋まっており、脱出は不可能です。そして裕司は娘も発見します。そして新橋駅付近全域が地下1階まで崩落したことが判明します。レスキュー隊が動き出します。
裕司は生き残った人に2、5、2というノックをすることを伝えます。レスキューに生存者がいるという合図なのでした。裕司は元レスキュー隊員だったのです。絶対に生き残ると決めた仲間たち。励まし合い頑張ります。そして2、5、2の音がレスキューに伝わります。レスキューは台風の目に入る18分で救助してしまおうとします。静馬と宮内と祐司を残して先に救出され、静馬と宮内と祐司は台風が去ってから救出されました。

252 生存者ありのみんなの感想

ネタバレなし

これは感動する映画ですね。これを見たときに、涙が止まりませんでした。感動をしたことと、気持ちをスッキリとさせることができたのです。生存者の人たちが、どんな風に助かって行き、そのことをどんな風に考えているのか、自分と当てはめて考えていました。生きていることは、素晴らしいことだと思わせる、そんな生存者に生きる勇気を与える、素晴らしい映画です。(50代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました