深呼吸の必要/あらすじとネタバレと感想

深呼吸の必要 2004年の邦画

深呼吸の必要の概要

制作:2004年 日本
監督:篠原哲雄
出演:香里奈、谷原章介、長澤まさみ、成宮寛貴、金子さやか、久遠さやか、大森南朋、他

深呼吸の必要の見どころ

おじいとおばあのサトウキビ畑に集まった「キビ刈隊」。過酷なバイトをこなしているうちに若者たちには友情が芽生えていく様子を沖縄を舞台に青春している様子を映したストーリー。
この映画の撮影は「世界の中心で愛を叫ぶ」の長澤まさみが掛け持ちしていたことでも話題。

深呼吸の必要のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

立花ひなみは沖縄のとある離島に船でやって来ます。サトウキビ農家で収穫バイトの募集を見て若者が次々とやってきていました。ひなみはいつもは派遣の事務をしていましたが、ネットで募集していたのを見て参加することにしたのでした。年齢も性別もバラバラな五人が船着き場で待っていると、トラックで田所豊が迎えに来てくれました。田所豊もまた収穫の時期だけ来ている若者でした。
そしてトラックに乗って雇い主の平良夫妻の所に来ました。これから35日間はこの五人と田所で朝から晩までサトウキビを収穫して寝る所も食べるものも同じです。
夕食が済み、自己紹介をして寝て、次の朝から早速サトウキビの収穫です。沖縄の太陽が照り付ける中、田所からサトウキビの刈り方を教わります。しかしなかなかスムーズに刈れないのでした。そんな若者たちにおじいは優しく教えて行きます。初日、日が暮れてくたくたになった五人は疲れ果ててしまいます。
次の日からペアを組んで作業することになりますが、田所と組んだのは高校生の加奈子でした。加奈子は黙々と作業をしていきます。
悦子は口ばかりで、ペアの大輔は不器用で田所に怒られてばかりでした。ひなみのペアは修一でした。作業して帰っても風呂も無く、コンビニもない疲れた皆は次第にぎくしゃくしてきます。
ある日の事、悦子が熱を出してしまいそのまま本土に帰ろうとします。が、ひなみが給料とおにぎりを持って来て帰るのをやめることにしました。

ネタバレと結末

ある日この島に住んでいた辻元美鈴が帰ってきて、平良夫妻の元に来て一緒に作業することになります。美鈴は東京で看護師をしていました。サトウキビが休日の日はみんな海に行ったりバーベキューをしたりとそれぞれに楽しみます。そしてみなそれぞれに事情がありこの島に来ていることがわかり始めるのでした。
ある日大雨が降り、田所の乗ったトラックが事故に合ってしまいます。島には医者がいないため美鈴が応急処置をし、実は医者の修一がさらに処置をしました。修一は小児科医で死から逃げたくてこの島に来ていました。ひなみはそれを聞いて”深呼吸の大切さ”を伝えます。
田所がけがをして抜けた分急ピッチで進めていますがそんな中美鈴が倒れます。美鈴は妊娠四カ月で生むことを迷っていました。数々の難関が降りかかるものの平良夫妻はなんくるないさ~と言って皆を落ち着かせます。朝も夜も時間オーバーで一丸となって働き、どうにか期限までに全部刈り取る事に成功し達成感と連帯感を味わって、自信をつけ皆それぞれにこれからの人生を良くすることができそうです・・・。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました