感染/あらすじとネタバレと感想

感染2004年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

感染の概要

制作:2004年 日本
監督:落合正幸
出演:佐藤浩市、高嶋政伸、星野真里、木村多江、真木よう子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

感染の見どころ

Jホラーシアターの第一弾、予言の映画と併映されて作成された「感染」は落合正幸監督が映画化。
未知のウイルスに感染した患者が病院に運ばれてきて、次々と感染していく物語である。
主演は佐藤浩市、高嶋政伸、星野真里。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

感染のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

とある総合病院は経営難に陥っていました。患者は多いのですが、医師への給料も停滞してしまうほど困っています。医療品も注射器などまで足りなくなってしまう事態で、看護師も医者も困っていました。
限られたものの中で、救命活動をしますがストレスは多大です。
内科医の魚住は離婚した妻との子供の養育費まで滞ってしまいます。婦長の塩崎は備品がどうやっても足りないことに頭を悩ませていました。外科医の秋葉もまた同じように悩み、新人の看護師安積は注射がうまく打てません。
人手も足りず、不眠不休でやっているこの病院にある日、事件が発生してしまいます。
医療ミスで、患者が亡くなってしまったのでした。重症のやけどを負った患者がベッドから落ちてしまい、耐えてをする時に塩化カルシウムと塩化カリウムを間違えてしまって、そのまま死んでしまいます。
医療過誤は避けられないと思い、証拠を隠蔽しようとします。隠すために、遺体を腐らそうとし、ストーブを炊きます。腐ってしまえば、わからないだろうと思ってのことでした。
そこに内臓が緑色の液体になって溶けだしてしまうというウイルス感染の患者が来ます。
医療ミスを隠蔽しようとしているので他に回すわけにもいかず、そのままにしていると患者が逃げ出してしまいました。
秋葉はそのウイルスの研究を任されますが、看護師や医師も次々と感染してしまいます。
感染した人は、耳から緑色の液体を出し、その液体から次々に感染していきます。
積み重なっていた日ごろのストレスと医療ミス、それに奇妙な感染によって次々と人が死んでいく様子に、秋葉はストレスがマックスになってしまいます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

最後の二人、秋葉と赤井は追い詰められ、最後に赤いが口を開きます。赤井は医療ミスによって亡くなった患者であり、この奇妙なウイルスの本当の原因は良心の呵責であること。
つまり秋葉こそが本当の悪であったのでした。
そしていつの間にか朝になり、朝出勤してきた女医が異様な状態を発見します。
全ては秋葉の幻想であり、ウイルスで死んだと思わしき人々は全て秋葉によって殺されていたのでした。
正気であったはずの、女医すらもそのウイルスの幻想を見てしまうようになったのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました