蛇にピアス/あらすじとネタバレと感想

蛇にピアス 2008年の邦画

蛇にピアスの概要

制作:2008年 日本
監督:蜷川幸雄
出演:吉高由里子、高良健吾、ARATA、あびる優、ソニン、他

蛇にピアスの見どころ

最年少芥川賞受賞の金原ひとみの小説、蛇にピアスを蜷川幸雄が実写化。
無名の吉高由里子がオールヌードで挑んで有名になった作品である。
スプリットタンに憧れる少年少女たちの話。
キャッチコピーは「19歳、痛みだけがリアルなら 痛みすら、私の一部になればいい。」 であり、生きてるだけで痛みを感じながら過ごしている青春映画である。

蛇にピアスのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ちょっとやばそうな雰囲気が好きな少女、ルイは渋谷でピアスを無数に入れた刺青の入ったアマという男と出会ってトイレで関係を持ってしまう。そしてそのままアマの家で暮らし始めてしまいます。
アマは見た目だけでなく、舌にも加工しており舌の先が蛇のように割れていた。それがスプリットタンという名称の肉体改造である。アマはルイにも肉体改造をすすめます。
アマに勧められるままルイは刺青店に舌にピアスを入れに行きます。刺青店の人にアマには内緒だと連絡先を教えられます。刺青店の人はSであり、にじみ出たルイのMの気を気に行ったようです。
ある日ルイとルイのギャル友とアマで飲みに行き、チンピラに絡まれますがアマが袋叩きにして、愛の証としてチンピラの歯を二本持って帰ります。
ルイは刺青にも興味が出てきて、刺青店を訪れます。そこで施工と引き換えに体を許します。刺青店の男はルイの首を絞めながら興奮します。
そのころニュースでアマが殴った男が指定暴力団の組員であり、死亡したことを知ります。
刺青が完成したルイは酒におぼれる日々を送ります。やがてルイに刺青店から連絡があり、警察がアマの事を探していることを知ります。その後ルイは刺青店の男からプロポーズされますがその夜アマが帰宅しませんでした。ルイは心配し、アマの捜索願を出そうとしますがアマの本名すら知りません。刺青店の男に同行してもらい、そこで初めてアマの名前を知ります。
同じくバイト先も分かったため、二人でアマの事を聞きに行きますが無断欠席しているとのこと。
そこに警察から電話が。アマの遺体を確認してくれというものでした。
拷問の末に殺されたアマ。失意のままに過ごしているルイを刺青店の男が連れて帰ります。

ネタバレと結末

生きたい気力が無くなったルイに魅力は無くなってしまいました。
ルイは刺青店の男に刺青に目を書いて欲しいと頼みます。
・・・実はアマと刺青店の男はもともと関係があり、ルイが来たことによってルイを独り占めしようとした刺青店の男がアマを殺したのではないかとルイは気づきますが、ルイはこれ以上の変化は求めておらず刺青店の男が捕まらないようにと次々と証拠を隠していくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました