ふがいない僕は空を見た/あらすじとネタバレと感想

ふがいない僕は空を見た2012年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ふがいない僕は空を見たの概要

制作:2012年 日本
監督:タナダユキ
出演:永山絢斗、田畑智子、原田美枝子、他

ふがいない僕は空を見たの見どころ

窪美澄の小説「ふがいない僕は空を見た」をタナダユキ監督が映画化。
第24回山本周五郎賞受賞作である。
高校生と主婦の不倫を取り巻く苦しみの話である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ふがいない僕は空を見たのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

斉藤卓巳は高校生。友達に誘われたアニメイベントで主婦の岡本里美に声を掛けられます。
卓巳は里美が好きなキャラに似ているということで、金で買われます。卓巳もはじめこそはドキドキしていましたが、次第に里美に金で買われることが日常化していきます。そして里美は避妊しなくていいというのでした。卓巳の母は助産師で助産院を経営し、毎日バタバタしながらも、ひとりで卓巳を育てています。
しかし卓巳は同級生の七菜に告白されてから、里美との関係を終わらそうとします。
里子は旦那と暮らしていましたが子供ができませんでした。姑には子供こどもとせかされ、若干ウンザリしていました。姑は嫁の事は嫌いだが息子とこれからできるであろう孫の事ばかりしか見えていませんでした。
姑から里美は不妊治療を強要されますが、痛みを伴うので里美はウンザリ。しかも旦那は無関心というありさまでした。そんな時に卓巳が見つかったので、卓巳に依存してしまっていたのでした。
しかし旦那に卓巳の事がばれてしまいました。里美は離婚したいといい、旦那は離婚しないといいます。
そして姑に言われて代理母を探すためにアメリカに渡ります。
一方良太の同級生は痴呆症の祖母。常にギリギリの暮らしでした。
先輩から勉強を教わっていると、純子から里美と卓巳のコスプレセックスの写真をもらいます。里子の旦那がネットに拡散したものでした。純子と良太はそれを町中のポストにその写真を配ります。卓巳は恥ずかしさのあまり家にこもるようになりました。助産院宛のメールで卓巳の事件も母が知る事となりました。
痴呆が進んだ良太は田岡が口をきいて施設に入ります。純子は良太と似たような境遇で、田岡のことなんて聞くだけ無駄と言っていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

母の元に卓巳の担任が来ます。担任が妊娠していることを言い当て、結婚をすすめます。
そして担任を含め、みんなの出産を祈願するために夜に神社に行き、そこで卓巳を見つけます。
泣きながら謝る卓巳に生きることの大切さをさりげなく伝えました。
このことがきっかけになり、卓巳はまた学校に行くようになります。
命の意味をしるために、卓巳は出産に立ち会います。生まれてくる命を見て、卓巳は嬉しくなるのでした。
一方、アメリカから帰国した里美は一人、すっきりとした顔をしていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました