自殺サークル/あらすじとネタバレと感想

自殺サークルの概要

制作:2002年 日本
監督:園子温
出演:石橋凌、永瀬正敏、さとう珠緒、宝生舞、野村貴志、麿赤児、他

自殺サークルの見どころ

自殺サークルは園子温脚本・監督による映画作品である。
園子温監督の紀子の食卓の映画の前振りが自殺サークルである。
古屋兎丸著の同名の漫画もあるが、古屋兎丸の方はこの話のもう一つの物語である。
新宿駅で54人が手をつないで飛び込む集団自殺を軸に各地に飛び火する話。
それまでさんざんあった、伏線は全く回収されずに、投げやりな気持ちになるやり切れない映画。

自殺サークルのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日の新宿駅。54人が手をつないで集団自殺してしまう。『いっせーのー』の掛け声と共に電車に飛び込んだのだ。
その夜、夜勤中の看護師が二人、「じゃあ私、行ってくるわ」といい突然自殺する。看護師のバッグの中には集団自殺した女子高生の皮膚から作られたロープが発見される。そのロープは54人だけでなく100人分の皮膚があるという。
そしてビルから飛び降り自殺があった。その男の背中には切り取られた跡がありロープのひとつの皮膚として判明。
混乱する警察にコウモリと名乗る男から電話がかかってくる。
自殺を予告するサイトがあり、その後ある高校でも集団自殺が起こってしまう。自殺クラブから皆に告ぐ、我々は先発するというメッセージを残して。
刑事の息子が廃墟ドットコムというサイトを見つける。時を同じくして殺人予告の電話がかかってくる。
そして刑事が家に帰ると、彼の家族も自殺していた。またしても電話が鳴り、あなたとあなたの関係は?と刑事が問われて自殺してしまう。サイトの自殺者数はどんどん増えていきます。
コウモリの通報から、自殺サイトの管理人が捕まる。しかし彼は犯人ではなかった・・・。どうも「あなたとあなたの関係は?」「あなたは、あなたの関係者ですか?」の答えを言ったら背中の皮をはぎとられて自殺してしまう様子。

ネタバレと結末

ビルの屋上から飛び降りた男の部屋に行くと、そこにはアイドルグループ「デザート」の資料が沢山ありました。デザートは今人気のアイドルグループです。そしてデザートのCDにある暗号を見つけます。
刑事は今度はデザートについて調べだします。コンサート会場に出向くと、沢山の子供たちが居てカンナで背中の皮をはぎとられてバッグにしまわれています。屋上自殺した男の彼女の皮もロープにありました。男の彼女を間一髪で助けました。
そのころデザートは突然の解散を発表したのです。「勝手に生きろ」と吐き捨て平均12歳の少女たちのグループは解散します。自殺サークルのサイトも閉鎖されてしまいます。その後は何も起こりませんでした。

自殺サークルのみんなの感想

ネタバレなし

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)

ネタバレあり

(20代男性)
(30代男性)
(40代男性)
(50代男性)
(20代女性)
(30代女性)
(40代女性)
(50代女性)