食堂かたつむり/あらすじとネタバレと感想

食堂かたつむり 2010年の邦画

食堂かたつむりの概要

制作:2010年 日本
監督:富永まい
出演:柴咲コウ、余貴美子、他

食堂かたつむりのあらすじとネタバレと結末

小川糸による同名の小説を柴咲コウを起用して映画化。
声を失った女性が、一日一組だけのレストランを開く。そして料理を食べると願い事が叶うと噂されるのでした。

あらすじ

倫子(柴咲コウ)はお母さんと二人暮らしでした。
子供のころは、未婚で自分を生んだお母さんの事が嫌いでした。
そして祖母の家に家出して、そこで料理を習います。料理が上手だった祖母からレシピを教わり、自分もいつかお店を開きたいと夢見ています。
大人になり、祖母も亡くなり、レストランでバイトする倫子はインド人と出会い、同棲します。
しかしインド人は倫子のお金から物までほとんどのものを持って逃げてしまうのです。あまりにもショックで倫子は心因性失声症になってしまい、話せなくなってしまいました。
しかたなく母の家に帰ってきた倫子ですが、そこには豚のエルメスをペットにした母が居ました。
そしてエルメスの世話をすることで、家にいてもいいことになったのです。
倫子は実家をきれいにして、店を開きます。手伝ってくれたおじさんにカレーを作って食べさせると、おじさんは出て行った妻の事を思いだしながら泣いてしまいます。
が、しかし後日これまで連絡のなかった妻から連絡が来ます。そのことで倫子の料理を食べると願いが叶うと街で噂になりました。
次に高校生のカップルが来て、倫子の料理を食べると二人は本当に付き合うようになります。
ある時、倫子の同級生が来ます。すると料理に虫が入っていたといいます。その噂でたちまちお客さんは来なくなってしまいました。ですが、虫を入れたのは同級生の嫉妬から、わざと虫を入れたこともわかりましたが倫子は喋れません。
それでもこれまでのお客さんがお客さんを連れてきてくれて、倫子も忙しくしていました。
すると母がガンだと言い出します。

ネタバレと結末

手術をしても治らないし、後は自分が好きなことをしたいといい、主治医であり、初恋の相手と結婚することにしました。
披露宴では倫子が料理を作ります。が、母はエルメスを使って料理して欲しいといいます。
母はその料理を食べてとても満足気。その後、母は思い残したことはないと旅立ちます。
後日、母からの手紙が見つかり、最後まで父の事は言いませんでしたが、また天国で会った時のお楽しみということで、倫子への愛が綴っておりました。
しばらく休んでいた倫子でしたが、庭に鳩が死んでいるのを見て自分のために料理します。
すると「おいしい」と倫子の声が出てきました。そして倫子は食堂かたつむりを続けていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました