すべての女に嘘がある/あらすじとネタバレと感想

すべての女に嘘がある2012年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

すべての女に嘘があるの概要

制作:2012年 日本
監督:宝来忠昭
出演:浅居円、琴乃、長谷川ミク、かすみりさ、範田紗々、めぐり、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

すべての女に嘘があるの見どころ

女性限定演劇集団“KU.RO.FU.NE PROJECT”の第1弾。
母の再婚相手を好きになった娘が、義理父を手に入れようと試行錯誤し手に入れるが刑事に捕まる話。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

すべての女に嘘があるのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある病院で深夜、看護師が巡回しているとある部屋に下着だけしか着ていない女性が三人いて、横には一人の女性が殺されていました。
殺されていたのはこの病院、桐山病院の院長の妻の加奈子で下着姿で監禁されていたのは院長の娘のはるかと、近くに住む主婦の森山真由美、薬品会社のMRの林田優子でした。そして院長の桐山亮三は行方不明です。
刑事の林田がはるかに話を聞きましたが、はるかは亮三の妻の連れ子でした。はるかの母は亮三に嫁いですぐ亡くなっていました。今回殺された加奈子は後妻です。
はるかから話を聞くと監禁したのは加奈子であり、三人に罪を認めて懺悔しろと言っていたと言います。林田が意味を聞くもはるかもわかりませんでした。
加奈子は少し前に真由美と優子ともう一人の女性を呼び出しており、夫と別れてくれと頼んでいたようです。という事は真由美も優子ももう一人の女性も亮三の愛人なのでした。
林田は真由美から話を聞きます。真由美は不妊症で亮三に診察してもらっていました。その診察というのは院長室でのセックスです。ある日真由美は亮三から別れを告げられます。真由美は”アイツ”と一緒になるなら別れないと言い返しました。
林田は優子から話を聞きました。愛人はきっぱりと否定したものの、桐山病院の薬が全部優子の会社に変わったことは口をつぐみました。
そしてはるかから院長の診察の様子のビデオをもらってチェックしていると亮三ははるかのことも診察していました。真由美の診察、優子の商談を見た林田は動きます。真由美が前に言っていた知らない女ははるかだったのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

真由美は昔看護婦をしており、はるかの母が入院しており、はるかの母が死んだのははるかが殺したのでした。
この真実を知っている真由美は亮三と愛人関係を築き上げ、亮三から金をせびっていたのでした。一方で優子は亮三とはるかが関係を持っていることを知って、薬の委託先を変えさせたうえに金もゆすっていました。
本妻の加奈子は嫉妬深い女であり三人全員が愛人関係だと思い、今回の事件を起こしたのでした。
林田ははるかに本当の事を話してくれと言うとはるかのもう一人の人格であるあやかが出てきてあやかが亮三を好きなのではるかは関係が無いと言います。亮三は別荘に逃げていました。そして加奈子を刺したのは亮三でした。はるかは亮三と会った時から好きでしたがやがて多重人格になり”あやか”が亮三に迫り関係を持ったのです。精神科である亮三は演技だと知っていながらはるかを受け入れました。そしてお互いを想います。
二人はこれでよかったといいながら別荘に居ますが、林田が別荘に急いで向かっていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました