海猿 ウミザル/あらすじとネタバレと感想

海猿 2004年の邦画

海猿 ウミザルの概要

制作:2004年 日本
監督:羽住英一郎
出演:伊藤英明、加藤あい、海東健、香里奈、伊藤淳史、他

海猿 ウミザルの見どころ

作者佐藤秀峰、原案・取材小森陽一による人気漫画海猿をテレビドラマ化の後、羽住英一郎監督が映画化。
キャッチコピーは「カッコつけてちゃ、命は救えない。」
海上保安庁に入った仙崎がエリート集団である潜水士を目指し、友情、恋、挫折、試練、成長を描いた作品である。

海猿 ウミザルのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

広島では伊沢環菜(加藤あい)が居酒屋で友達とおしゃべりしていました。
広島には海上保安大学があり、そこの大学生もこの居酒屋に来ます。海上保安大学の学生たちは厳しすぎる訓練のため、ストレスを解消しようと居酒屋で羽目を外します。そんな海上保安大学の子の事を環菜はゴミを見るような目で見てしまうのでした。
そして店を出てから仙崎大輔(伊藤英明)と出会います。酔っぱらっていた環菜は仙崎を誘惑し、ラブホテルに入り朝まで眠ってしまいました。
仙崎もまた海上保安大学に通っていたのですが、工藤(伊藤淳史)とバディを組み、来る日も来る日も練習でした。
先生はかなりスパルタで海外保安庁の仕事に楽しいことなんてないと言い切るくらいでした。
工藤は気になっている女の子をデートに誘い、デート中におぼれている人を見つけて助けに入り、自分が死んでしまいました。そうして仙崎は新しいバディとして三島と共に訓練することになりました。
そして初めての40メートル深水の訓練の時に三島が岩に足を挟んでしまいます。酸素ボンベも残り少なくなっており、助けを要請しますが酸素ボンベが間に合いそうにもありませんでした。そこで上がっていた生徒たちが勝手に救助に向かい、三島を助けました。教官のいう事も聞かずに助けに行った事で教官は責任を問われますが、生徒たちが必死で弁解しました。生徒たちは訓練の一環だったといい、教官も生徒も容赦されました。

ネタバレと結末

そして仙崎は東京に行くことになりました。
一方環奈もデザインの仕事を解雇され、東京の服飾デザインの専門学校に通うようになっていました。
偶然二人が会い、環菜はもう会う事も無いと思っていたので取り乱してしまいました。
そして仙崎が海猿(海上保安)だと知って、大嫌いな海猿と関係を持ってしまったのかと仙崎に言ってしまいますが、仙崎は何もなかったといいます。仙崎は酔った環菜に付き合ってホテルに入って寝ただけなのでした。
そう言われると生粋のツンデレである環菜は何もなかったことはないんじゃない?と言い、仙崎に好意を持っていることを匂わせて、二人は付き合い始めるのでした。
この後の話はテレビドラマに続きます。

海猿 ウミザルのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

「海猿」と聞くと、何のことだか分かりませんが、海上保安庁、海上保安官の潜水士の愛称です。
伊藤英明主演の映画で、海上保安官の潜水士を目指して過酷な訓練を経て、難関の潜水士へと成長していく物語です。
地上でのトレーニングの過酷さ、海上での実地訓練など、鍛え抜かれた俳優達の見事な演技が素晴らしいです。
海での事故で親友(伊藤淳史)を亡くしてしまうつらいことを体験したり、ファッション雑誌編集者の伊沢 環菜(加藤あい)との恋模様を描いたりしながら、成長していく仙﨑大輔(伊藤英明)の姿を描いています。(50代男性)
海猿 ウミザルを見た時、海上保安に関する学校についてその厳しさがすごいと思って、びっくりしました。しかしよく考えて見ると、人の命を守る仕事なので、それぐらい厳しいということは当然のことですね。しかも、自分の命も守ることが大切なので、そのことも痛感したことでした。そしてそれを、映画を通じて知ることができたので、この仕事をしている人を尊敬しています。映画として見ることができてよかったです。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました