わるいやつら/あらすじとネタバレと感想

わるいやつら 1980年の邦画

わるいやつらの概要

制作:1980年 日本
監督:野村芳太郎
出演:松坂慶子、片岡孝夫、梶芽衣子、緒形拳、藤田まこと、他

わるいやつらの見どころ

松本清張の小説を実写映画化。
ある医師が病院の経営に苦しみ、赤字の補填のために愛人たちから金をとって埋めていたが次第に愛人に裏切られて身を滅ぼしていく様子を描いた映画。

わるいやつらのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

デザイナー槇村隆子のファッションショーが行われ、ショーは成功し隆子が最後に拍手と共に出てくると共に隆子に殴りかかった男が居ました。
その男は隆子に利用されたことを根に持っており、乱闘に持ち込みました。
一方で医師の戸谷信一は隆子に強く惹かれていました。しかし戸谷にとって惹かれているのは隆子だけではなく、何人も愛人を囲っています。
その中のひとり、人妻の横武たつ子には会うたびに鎮痛剤を渡していますが、たつ子はその鎮痛剤が毒薬だと思い込んでおり熱心に病気の主人に飲ませていました。たつ子は戸谷と一緒になりたいのでした。
しかしたつ子は毒薬を飲ませている自分というのに悩まされており、戸谷はそんなたつ子を絶妙に操りつつ金を引き出していました。戸谷は自分が経営している病院が経営難に陥っていたのです。
他にも料亭のおかみをしている藤島チセに対しても金を引き出していました。
ある日たつ子の夫が急死してしまい、戸谷の耳にも入ります。たつ子の夫はヒ素が検出され、たつ子は夫殺しの容疑を掛けられてしまいます。たつ子も当然黙ってはおらず戸谷に責め立てました。
このままではたつ子に共犯にさせられてしまうと思いこんだ戸谷は、婦長のトヨとたつ子の殺害を計画します。
たつ子も心労が重なっており、トヨから毒薬を注射されるとすぐに死んでしまいます。そして戸谷がウソの診断書を書き、二人の中で完全犯罪にしました。
その後戸谷にチャンスが巡ってきて隆子と関係を持つことに成功します。
しかし戸谷は別居中の妻からも生活費を請求されており、一刻も早くお金を手に入れたくて困った戸谷はチセに再度せびりに行きますが、チセから夫が死なないと金が自由に動かせないと言われチセと組んでチセの夫も毒殺します。

ネタバレと結末

やがて戸谷はトヨから激しい束縛を受けるようになり、トヨに強請られます。戸谷はトヨを殺して山の中に捨てました。その後トヨの死体は捨てた場所とは違う場所から発見されたと弁護士に言われます。
隆子から避けられトヨのせいだと思った戸谷は遺体を捨てた現場まで行きまだトヨが生きていると思います。合わせて弁護士に頼んだ土地を担保にした1億3000万がこつぜんと消えていました。戸谷は弁護士に騙されたのでした。戸谷はチセの料亭から盗んだ茶碗を売り飛ばした容疑で逮捕されます。戸谷は愛人関係も全て暴露させられ殺害の容疑もかけられます。しかしたつ子を殺したのはトヨであるというとトヨはすでに捕まっていました。チセも捕まりましたが、戸谷は無期懲役が科せられます。弁護士は隆子のマネージャーでした。
しかし詐欺は立証できず、諦めていましたが冒頭のショーで弁護士は隆子を刺していたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました