赤い玉、/あらすじとネタバレと感想

赤い玉、2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

赤い玉、の概要

制作:2015年 日本
監督:高橋伴明
出演:奥田瑛二、不二子、村上由規乃、花岡翔太、土居志央梨、上川周作、水上竜士、柄本佑、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

赤い玉、の見どころ

元映画監督であり、今は大学で講師をしている60歳の男。妻と離婚し35歳の女と同棲しているが、夜が辛くなる一方で、昔に聞いた都市伝説の赤い玉の話がリアルになりつつある。しかし男は女子高生と出会いその考えが変わっていくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

赤い玉、のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

時田修次(奥田瑛二)は元映画監督です。今は60歳になり大学で講師として活躍しています。授業の間にシナリオを書いています。妻とは離婚しており、大学の事務員の35歳大場唯の部屋に住んでいました。
毎晩唯と酒を飲んで、夜のお勤めをするのがルーティンになっています。
この生活をネタにして新作映画のシナリオを進めており、唯にもパソコンで入力してもらっています。
ある日、時田は一人の女子高生が目に入ります。なぜか気になり後をつけて自宅を確認し、翌朝は待ち伏せして学校も特定します。その上放課後にも付け回し、女子高生がダンス室に入るのを確認し、女子高生がハイレグのレオタードを着て踊る姿をなめるように見てしまいます。時田は女子高生もシナリオに入れることにしました。
その日、時田はピロートークとして、昔の都市伝説である赤い玉の話をします。男が人生の最後に射精する時に知らせとして赤い球が出るというものでした。
大学では矢島健一が監督になり、加藤愛子がヒロインとして撮影が進められます。基本的に放置の時田でしたが男女が交わるシーンだけは異様に注文をつけるのでした。
健一と愛子は付き合っていたものの、映画の価値観の違いから別れてしまいます。愛子は時田にアプローチするものの、時田は断りました。時田の頭の中にはあの女子高生と交わることしかなかったのでした。
そして時田は唯にパソコンを教えてくれたら自分でシナリオを書くと言い、唯にシナリオを触らせなくなります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

時田は昼間は女子高生を追い回します。名前は律子と言い、律子は援助交際をしていました。
時田はバイアグラを飲んで挑みますが、使い物になりませんでした。すると律子はお仕置きと言い、時田のあそこを叩き始めます。はじめこそイラっとしたもののいつの間にかいってしまいます。律子の手には「赤い玉」がありました。時田はこれでもう終わりだと思います。
その後唯とうまくいかず別れます。シナリオの女子高生は首を絞められて殺すことにします。
大学の入学式が始まり、そこに律子が居ることを発見した時田。時田は相変わらず律子との妄想ばかりしていました。シナリオに赤い玉、という題名をつけてプロデューサーに持って行きます。
その後時田が帰っているとプロデューサーからメールが来て、歩きながらメールを開いていると車に撥ねられて時田の人生も打ち止めです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました