傷だらけの悪魔/あらすじとネタバレと感想

傷だらけの悪魔 2017年の邦画

傷だらけの悪魔の概要

制作:2017年 日本
監督:山岸聖太
出演:足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、岡田結実、他

傷だらけの悪魔の見どころ

東京から田舎の学校に転校した主人公は中学時代に自分がいじめていた生徒と同じクラスになり、いじめられていた生徒は主人公の事を不良グループを使ってイジメ返すというストーリー。

傷だらけの悪魔のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

女子高生の葛西舞は東京の高校から親の都合で転校し、栃木県の高校に通いだします。
担任になった大瀬戸先生は同じく東京から来た小田切詩乃に舞の案内を頼みました。舞は田舎の風景に若干ウンザリしながらも問題を起こさずおだやかに高校生活を送ろうと、クラスメイトにも愛想を振りまきました。中でも浮いている金髪の優里亜の事を馬鹿っぽいと思いつつも愛想を振りまきます。舞には中学時代にいじめをしていた経験がありました。その時、詩乃が急に過呼吸を起こします。そして詩乃は中学時代、葛西さんにいじめられたと言って教室を飛び出します。舞が後を追って詩乃に尋ねると苗字は変わっていたものの、中学時代に自分がいじめていた詩乃でした。詩乃は絶対に忘れない。この高校で復讐してやると言って去っていきました。
次の日、舞が登校すると机には落書きされ、机に置いていたノートはゴミ箱に捨てられていました。優里亜がしたのですが詩乃はその様子を見て笑っています。舞が扉を閉めた瞬間に優里亜の友達が指を詰めていじめはエスカレートしていきます。男子からも帰れコールが始まり、詩乃は舞が見ていない間にスマホの動画を勝手にUPしてからかいます。しかし舞も負けてはおらず、優里亜のイジメ動画を撮影して優里亜に仕返ししました。学園祭では舞を体育館倉庫に閉じ込めて、何時間も経ってから優里亜が扉を開けて出て行こうとする舞を優里亜が突き飛ばすと、はずみで我慢していた尿を漏らしてしまいます。優里亜と詩乃は笑いだし写真を撮ろうとしていた時に、舞がパンツを脱いで壁にぶつけます。その時の尿が詩乃にかかってしまいます。

ネタバレと結末

男子のひとりがタオルとズボンを持って来てくれ、受け取ります。その頃、千穂は大瀬戸先生にクラスでいじめがあると密告します。次の日、舞は学校を休み前の高校の子たちと遊びます。そしてカラーリングをして次の日に学校に行き、優里亜に向かってすべてがダサい。と言い放ちます。そして担任に誰がチクったのかの犯人探しが始まり、舞は自分だと言うと優里亜は舞の頭に墨汁をかけました。そして千穂が舞が話しだし、着実に復讐していきます。詩乃は焦り、そんなやり方はずるいといい舞に見せつけるようにリスカしました。担任は事なかれ主義で放置していました。
舞はイジメ動画を全て撮っており、公開してアドレスを黒板に書き、先生を含め生徒も全員動画を見ます。詩乃と優里亜は孤立し、先生は堂々と俺は見て見ぬふりをする。お前たちは全員死ね。と言って教室から出て行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました