闇金ドッグス3/あらすじとネタバレと感想

闇金ドッグス32016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

闇金ドッグス3の概要

制作:2016年 日本
監督:土屋哲彦
出演:青木玄徳、MEGUMI、冨手麻妙、松林慎司、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

闇金ドッグス3の見どころ

ガチバンシリーズから発生した闇金ドッグスシリーズ第一弾を土屋哲彦監督が映画化。
主演は青木玄徳、MEGUMI。
今回は司が新たに開いた女性専門の闇金にスポットを当てたストーリー。

闇金ドッグス3のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

安藤忠臣は闇金を営んでいる元ヤクザです。現在は10日で3割でお金を貸しています。
元ホストの須藤司は安藤の元で取り立てのアルバイトをしています。そして安藤に言われウィーメンダイヤルも展開して女性客を取り込もうとしていました。
一見電話相談のように見せかけたそのビラですが、実は愛に飢えた女をターゲットにして借金させるのが目的です。司は親身に女性の相談を受け、母子家庭の吃音の田中聖子にもしっかりサポートしているように見せかけ、貸しつけていきます。なぜそこまで女性には優しくするのかというと、女性の方がとりっぱぐれが無いからです。男性は落ちてしまうとお金にならないのに対して、女性は落ちていくほどお金になり、風俗に行かせて回収できるからなのでした。
一方で姫野えりながマンガ喫茶に居ました。前は悪徳プロダクションのアイドルグループとして活躍していましたが、今は社長に500万円の違約金を要求されています。(闇金ドッグス一話参照)
そして芸能活動も禁止されており、今はティッシュ配りをしていました。
えりなは夢をあきらめきれず、個人的に活動していました。ティッシュ配りの時に自分のビラも渡していたことがばれて首になります。社長への借金はまだまだあります・・・。そんな時えりなはウィーメンダイヤルのビラを目にします。
えりなは司をたずね、逆に出資しませんかと言います。自分のマネージャーになりロイヤリティをかすめろというのでした。司ははじめは半信半疑でしたが、えりなを認めはじめます。しかしそこに社長がやってきて邪魔をするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

時を同じくして悪徳プロダクションに売れっ子子役の田中ツバキがやってきます。
ツバキの母もまた社長の毒牙にかかり、借金が増えていくのでした。その借金は司からでした。
司は悪徳プロダクションの社長からえりなの金を取り返すことにしました。司は証拠を集め、えりなと一緒に社長に直談判しに行きます。
丸め込まれそうになった司たちの前に安藤がやってきました。そして司以上の証拠を出し5000万要求しました。そして金に困った社長はみんなに掌を返され自滅していきます。
えりなは晴れてフリーとなり、司も自信をつけ、今日もウィーメンダイヤルを頑張るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました