天国から来た男たち/あらすじとネタバレと感想

天国から来た男たち2001年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

天国から来た男たちの概要

制作:2001年 日本
監督:三池崇史
出演:吉川晃司、山崎努、大塚寧々、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

天国から来た男たちの見どころ

林洋司の小説「天国から来た男たち」を三池崇史監督が映画化。
異国の地フィリピンで覚せい剤所有で逮捕されてしまう話。
主演は吉川晃司。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

天国から来た男たちのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

フィリピンでは犯罪者を積んだ護送車が走ります。その中には日本人である早坂(吉川晃司)もいました。
やがて刑務所に着き、日本人の坂本が早川を呼びます。フィリピンのこの刑務所には日本人の部屋があるのでした。
そしてお金さえ払えば、特別にベッドも飲み物も貰えます。早坂は日本人の海野、坂本、フィリピン太郎と部屋を共にします。食事は自炊。トイレは劣悪な環境でした。早坂は覚せい剤1キロを所有した罪で入ってきています。フィリピンでは覚せい剤はご法度で確実に死刑になるといわれてしまいます。
そうしているうちに妻と会社の人間が来て、弁護士をつけます。弁護士は金を積まないと無罪にならないといい、会社も金は出せないといいました。
海野は早坂を別室に連れて行きます。そこは豪華な部屋でした。女もいて、そこにいる男は吉田といいました。吉田は金を積めばいくらでも贅沢な生活ができるといいます。吉田は早坂に仕事を手伝えといいました。
同じ夜、早坂は女子刑務所にいいなと思う女を見つけます。
吉田の仕事を手伝う早坂。刑務所からナチュラルに出ていき、ホテルでバッグを交換するだけの仕事でした。
バッグの中身が金とわかった早坂。吉田から逃げますが、今度やったら殺すといわれてしまいます。途中、早坂は食堂に入り雑誌を読んでいると横領事件で逃亡している女が載っていました。早坂がいいなと思っていた女でした。
帰ると吉田から分け前を貰えました。そして吉田の部屋にはあの女が居ました。
刑務所には詐欺師のブランドウが居て、早坂の会社はブランドウの詐欺にあっていました。当然会社はブランドウを訴えていますが、ブランドウは刑務所で金を使い贅沢な暮らしをしていました。
早坂は吉田が警察に押収された麻薬を売って金にしていることを聞き、早坂は怒ってお金を置いて部屋を出ます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

違う罪人が早坂を連れ出します。が、そこは臓器売買のアジトでした。同じように手伝うなら金をやるといわれる早坂。他にも危険な目に合いますが6人で逃げ出します。
そして山奥で暮らすことにしますが吉田の追手が来ます。次々に殺される中、またもや金で解決します。
日本に帰るものもいましたが、その6人の中のひとりがフィリピン大統領になりました。バッグに居たのは吉田だったのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました