@ベイビーメール/あらすじとネタバレと感想

@ベイビーメール2005年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

@ベイビーメールの概要

制作:2005年 日本
監督:古澤健
出演:松田まどか、村上幸平、岡元夕紀子、吉行由実、霧島れいか、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

@ベイビーメールの見どころ

山田悠介のホラー小説を実写映画化。
とある高校教師は同級生の刑事から奇妙な猟奇殺人事件を聞かされる。女性の腹が食いちぎられ、へその緒が飛び出しており同じ時間に3人の男が泡を吹いて死んだというもの。ある日高校教師の彼女はベイビーメールという都市伝説のメールを受け取り呪われていくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

@ベイビーメールのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある夜、男が仕事から帰ると妻が明らかに家事の途中で居なくなっていました。
男が妻を探すと寝室で妻が遺体となっていました。警察が来て検死した結果、妻のおなかは空洞になっていて現場にはへその緒が残されていました。
・・・とある高校で教師をしている斉藤雅斗は高校三年生の担任です。斉藤は若く、生徒にも人気でした。
そんな斉藤の気がかりは不登校の小川飛鳥のことでした。ふと小川が学校に来て斉藤が話を聞くと子供を中絶したと言い、自分の事を責めていました。斉藤は励ました後、彼女の朱美と晩御飯を食べました。朱美はナースで休憩中です。そして斉藤は朱美にプロポーズしてOKをもらいます。
朱美にメールが届きました。茨木県からのメールで、苦労の末に妊娠し臨月を迎えたのに相手の男に怪談から落とされ子供を殺されたのでその男に復讐したいというものでした。メールの添付ファイルには赤ちゃんの泣き声が付いて来ていました。妊娠中の女性に送られる都市伝説の呪いのメールであり、受け取った人は4週間後に死ぬという噂のものでした。その後、女性のおなかが抜き取られるという事件が起こり朱美は吐き気がします。医者に診てもらうと妊娠4カ月でした。家に帰った朱美は急におなかが膨れ始めおなかに穴が開いて死んでしまいます。斉藤はベイビーメールの話を聞き、一人目の犠牲者の夫に話を聞きます。すると女性は妊娠中だったことがわかります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

飛鳥は自分にもベイビーメールが来たことを斉藤に話します。そして今は三週間後で、あと一週間で四週間になる事を告げます。茨木の神社に向かい、階段から落とされた女性が平本あいだと知ります。
男性も行方不明でまだ捕まっていないと言われました。調査しているとあいの母は股がゆるく、村中の男と関係していたと言います。あいの母に会い、話しを聞くと五年前に東京に行くと言ったっきりだと言いました。
あいの事を調べるといつも子供が欲しいと言って男と関係していたことがわかります。そして妊娠したものの朱美の病院で流産していたこと、そして殺された女性が病院に居たことがわかります。
さらに調べているとあいを階段から突き落としたのは母親だとわかります。あいが妊娠した相手は母の相手であり、妻子持ちだったからでした。母はその後あいを庭に埋めたと言い掘り起こすと遺体が出てきます。あいは携帯電話を持っており斉藤は携帯電話をバキバキに割ります。
斉藤は卒業式に出て、教室を出た時三人の少年が近寄りました。その少年は亡くなった女性から抜き取られた子供たちなのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました