仄暗い水の底から/あらすじとネタバレと感想

仄暗い水の底から2002年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

仄暗い水の底からの概要

制作:2002年 日本
監督:中田秀夫
出演:黒木瞳、小日向文世、菅野莉央、水川あさみ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

仄暗い水の底からの見どころ

鈴木光司の小説、仄暗い水の底からを中村義洋監督が映画化。
行方不明になった少女が、住んでいるマンションの水がポイントになり暴き出される。
主演は黒木瞳。日本中をじめじめとした恐怖に陥れた作品であり、今でもホラー映画のトップ入る怖さである。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

仄暗い水の底からのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

どこか孤独な幼少時代を過ごした淑美(黒木瞳)。自分も家庭を持つがうまくいかず、今では子供を抱えて離婚調停中でした。
親権をめぐり、夫と争いを続けているうちに、夫が親権を取ろうと必死なことに気が付きます。淑美が昔に睡眠薬を飲んでいたことなどを調停員に言われます。
少しでも自分に有利に進むようにとマンションに引っ越します。しかし淑美に借りられるのは名ばかりのマンションで、築年数が古くて日当たりの悪いマンションでした。
しかし贅沢は言ってられないので、そこに住むことにしました。
しかしベットの上の天井から雨漏りしだします。これには困ってしまい、不動産や管理人に言うも対応してもらえませんでした。上の階の住人も呼び出しには応じてくれませんでした。
そして水道の蛇口をひねると、髪の毛の塊が出てきます。次第に異変は娘にも出てきました。
落とし物の赤のバックに執着するようになり、独り言が増えます。娘が通っている幼稚園では、美津子という少女が二年前から行方不明になっていました。そしてその少女は、淑美たちの上の部屋に住んでいたのです。
少女は母が出ていって父と二人暮らし。その日も父の帰りを待っていて行方不明になったようです。
その話を聞いて、娘が熱を出します。もしかすると少女が娘を連れて行くのではないかと心配になる淑美。
上の部屋に行くと、カギは開いており入ると水浸しでした。
そんな時でも調停の日はやってきます。不安定さが見える淑美は指摘されてしまいます。調停後に弁護士に住宅のトラブルを相談すると早急に対応してもらえました。
しかし不思議な状況は変わりません。一度屋上の貯水タンクで知らない少女を見たことがあり、淑美は屋上に行きます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

ネタバレと結末

すると貯水タンクの内側から何かが叩いていました。恐ろしくなる淑美。同時にお風呂の水をためていたことに気が付いて娘が蛇口を止めに行くと水の中に引き込まれそうになり溺れてしまいます。
娘を助けて連れ出そうとエレベーターに乗り込むと、家のドアがゆっくり開きます。すると娘の姿をしている少女が母親を探しているのでした。連れて行こうとする少女と共に、襲ってきた水に取り込まれる二人。
二人は水の中に消えていきました。
そして10年後、高校生になった娘は父と暮らしていました。偶然マンションの前を通ると、そこには若かりし頃の母が。本当は母親と暮らしたい娘。ですが母の後ろにはあの少女が居ました。娘は敏感に察知し、その場を去っていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

タイトルとURLをコピーしました