蟹工船/あらすじとネタバレと感想

蟹工船 2009年の邦画

蟹工船の概要

制作:2009年 日本
監督:SABU
出演:松田龍平、西島秀俊、高良健吾、新井浩文、柄本時生、他

蟹工船の見どころ

小林多喜二の小説を現代版でSABUが映画化。
この作品は映画化二度目である。
貧しい労働者たちが朝も昼も夜もないほど働かされ、立ち向かう話である。

蟹工船のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

カムチャツカ沖で蟹を取って、その場でカニ缶にしてしまう漁船と工場が一体化した船が蟹工船。その船のひとつ博光船。朝も昼も夜もなく、一日中働かされるのに狭い船で時間もわからない労働者たちはまともでいることすら困難な状態でした。カニを捕まえて、その場でさばき、カニ缶に入れるまでを船でしてしまうので蟹工船は大儲けでした。しかし労働者の賃金は安く、生き地獄です。
取り仕切る浅川監督といえば、労働者を人間とは思っておらず、常に厳しくあたっていました。
休憩中にみんなで自殺しようというものもいました。考えがうまくまとまらないほど働かされていた労働者たちは、次々に同意し、今度産まれてくるときは金持ちの家に生まれるといいなというありさま。
首つり自殺をしようとしますが、いざとなると怖気づいてしまうのでした。死ぬことも逃げることもできない地獄のような蟹工船。ついに労働者のひとり、宮口が逃走します。浅川監督は労働者の中にかくまっているものがいないか探し出します。誰もが誰もを疑い、ケンカが始まります。しかし宮口はカニの殻捨て場に隠れていたのでした。バツを受ける宮口。トイレに閉じ込められてしまいます。
病気で倒れようが関係のない浅川監督。生き地獄を味わう労働者たち。
耐えられなくなった新庄と塩田は小さな船に乗って脱走します。ただでさえ寒い冬の海で耐えているとロシア船が助けてくれました。そこで、自分たちの置かれている状況とは全く違う状況にびっくりします。同じ船とは思えないくらいの幸せがそこにはありました。あたたたく食事も豪華でダンスまで踊っています。そこで知り合った中国人に不満があるなら立ち上がれと言われます。
監禁されていた宮口はそのままトイレで自殺します。船から飛び降りようとする若者を帰ってきた新庄と塩田が助けます。

ネタバレと結末

そして新庄と塩田はロシア船で見たことを伝えます。労働者が働かなければ金は金持ちに入らないというのでした。
ひとりの意志が皆を変えることを説得し、皆も賛同します。そして労働者みんなでストライキを起こすのでした。
怒っている浅川監督に要求書と誓約書を突きつけますが、浅川監督も怒っています。しかしみんなで殴りつけます。しかしまだ怒っていた浅川は銃で新庄を撃ち殺しますが、残った労働者は新庄の意思を受け継いでいるので浅川監督に向かって行くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました