死の棘/あらすじとネタバレと感想

死の棘 1990年の邦画

死の棘の概要

制作:1990年 日本
監督:小栗康平
出演:松坂慶子、岸部一徳、木内みどり、他

死の棘の見どころ

島尾敏雄の小説を実写映画化。
夫の不倫が原因で病んでしまった妻(私生活)を題材に、極限状態で結ばれた夫婦が危機に合いながらも絆を取り戻していくストーリー。

死の棘のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

終戦後の日本では戦争中に出会って恋をしたトシオとミホが結婚しました。
伸一とマヤの二人の子供を授かり、質素ながらも幸せな毎日を送っています。その後結婚10周年を迎えた時、トシオが浮気してしまいます。なんと結婚してすぐから邦子という女と不倫を続けてきたと言いました。ミホはあまりのショックに精神的に病んでしまいました。自分にはトシオしかいない上に誠心誠意を込めて尽くしてきた結果が夫の不倫・・・。ミホは死んでしまいたいと嘆き、トシオはひたすら謝ります。ミホは頭を叩いて欲しいとトシオに頼み、トシオはひたすら謝罪しながらミホの頭を叩きます。
ミホは疑問が出てきたのといってはトシオの過去をひとつひとつ責めます。トシオはミホの欲しい答えがうまく出せずに小さくなるばかりでした。ある日トシオが家に帰るとミホの姿がありませんでした。探した上に邦子の家まで行き、金輪際の関係を解消すると言って出てきます。トシオが家に帰ってみるとミホが帰ってきました。ミホはトシオの事をなにひとつ信用できないと言います。邦子は伸一とマヤにもプレゼントしていたことや、トシオが邦子の入院費用を出していたことも知っていたのです。ミホは10年我慢してきたからトシオを誰にも渡したくないと言い、トシオは今後10年ミホがしたいようにさせる約束を交わしました。
それからトシオはミホの機嫌を取るためだけに尽くします。しかしミホはふとした瞬間にフラッシュバックし、トシオを責め立てるのでした。そんな時家族で駅のホームにいるとミホが邦子が居た!と叫びだして止まりませんでした。トシオが思っているよりもミホはずっと病んでいました。

ネタバレと結末

トシオはミホを病院に連れて行きますがミホは病気ではないと言います。結局ミホは入院し、母の不在に子供たちが揺らぎ始めます。しかし結局ミホは家に帰ってきます。一家は家を引き払って田舎に引っ越します。
しかし邦子もまたトシオを諦めきれずにトシオの家にやってくるのでした。ミホは怒り狂い、邦子はミホがトシオをこんな風にしたと乱闘になり警察が来ます。ミホは再度精神科に入院することになり、子供はミホの実家の奄美大島に行きます。トシオはミホの病院に付き合います。夜中、ミホが居なくなって探すトシオ。見つからずに病室に帰るとミホが満足げな顔をしていました。トシオはベッドに入り、ミホが眠ってしまうとさみしいと言い、ミホはじゃあ騒ごうか。と言い、共依存になってこの映画が終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました