ホテルコパン/あらすじとネタバレと感想

ホテルコパン 2015年の邦画

ホテルコパンの概要

制作:2015年 日本
監督:門馬直人
出演:市原隼人、近藤芳正、大沢ひかる、前田公輝、船木曜子、清水美沙、他

ホテルコパンの見どころ

長野県白馬村のホテルを軸に、ホテルの従業員や客の人生を見つめなおすストーリー。
基本的に暗い話だが、いい意味で自分の人生も見直すことができるようになる良作。

ホテルコパンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

長野県にあるホテルコパン。さびれたホテルで、支配人の桜木はなんとか繁盛させようと思いますが従業員は二人で、客もあまり来ませんでした。二人の従業員のうち、一人の海人は重い過去を持ち無口に淡々と仕事をこなしています。そんなコパンに珍しく宿泊客が集まりました。なぜかその日の宿泊客はどの客も問題を抱えているお客様でした。
気持ちの悪い位べたべたしているカップル、怪しい教祖と騙されている令嬢、親子と間違えるほどの年齢差の役者と付き人、それに海人の事を恨んでいる人物でした。
実は海人は昔中学校の先生をしており、担任したクラスメイトがいじめで自殺してしまいました。教師を辞めてホテルで働く今でもフラッシュバックがあり、後悔していたのでした。その宿泊客高井は、自殺した生徒の母親でした。宿泊している間、高井は海人に執拗に嫌がらせしだします。
支配人はその頃、べたべたしているカップルが妊娠し、結婚しようと言う話を聞き、お祝いしようとします。
支配人は婚約パーティーをしようと買い出しに行きます。他の宿泊者にも声をかけ、乗り気ではないものの皆参加することになりました。役者の船木は途中で撮影が入り出かけました。船木はかつて売れていたものの老女となった今ではあまり活躍できておりませんでした。今回もエキストラですがこの仕事を最後にリストラされることになっていました。
買出しに出かけていた支配人は別れた妻と娘に再会します。しかし二人は支配人の事を何とも思っておらず、それに腹を立てた支配人が娘を誘拐するのでした。
すぐに捕まりますが示談にしてくれてすぐに解放されるのでした。

ネタバレと結末

婚約パーティが開かれるものの、支配人はショックで使い物にならず海人が仕切ることになりました。
するとカップルの男の方が「結婚する気なんてさらさらない」と言って逃げてしまいます。置いてけぼりの彼女の方が子供を下ろすと言って泣きわめきますが、そんな女を高井が叩きます。息子を失った過去を話し、そのまま本当の事を海人に話し始めます。高井の息子は最後まで海人を信用しており、自分よりも海人に信頼を寄せていたことに腹が立って海人に嫌がらせをしていたことを謝ります。カップルの女の方には母になる事の覚悟をさせるのでした。
そこに船木が帰ってきて自殺しようとしますが付き人が止め、自殺しようとしていた支配人を高井と海人が止めます。そこに刑事が来て、インチキ教祖と一緒にいた令嬢を詐欺師として捕まえます。そうして婚約パーティは終わり、のちに高井の家にあの時の女性が赤ちゃんと一緒に映った写真が届きます。高井も時を同じく、息子の部屋を開けて海人は高井の息子の自殺現場に花を添えます。もしかすると高井の息子は自殺ではなく、事故だったのかも知れません・・・。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました