やわらかい生活/あらすじとネタバレと感想

やわらかい生活2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

やわらかい生活の概要

制作:2006年 日本
監督:廣木隆一
出演:寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、妻夫木聡、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

やわらかい生活の見どころ

絲山秋子の小説であり、文學界新人賞受賞作の「イッツ・オンリー・トーク」を元に廣木隆一監督が映画化。
35歳独身女性の揺れ動く心と日常を描いている作品である。
原作者の絲山秋子と脚本家の荒井晴彦の間で裁判が行われたが、絲山が請求したのが1円であることからどうしてもこの脚本を活字として残したくないとの思いがある作品でもある。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

やわらかい生活のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

35歳の独身女性である優子(寺島しのぶ)は掲示板でKという男性と知り合います。
そしてさびれた人のいない映画館で、合意の上での痴漢行為をします。その映画館が蒲田にあり、優子は蒲田を気に入ります。そして自分が暮らすことを決意し、引っ越してきます。
ある日優子は街頭演説をしてる大学時代の友達の本間から声を掛けられます。優子は大学時代が懐かしくなり、飲みに行こうと誘います。本間は銀行を辞め、都議会議員を目指しているといいます。優子もまた、好きなようにしたいから会社を辞めたことを告げます。なんとなく優子の部屋で飲みなおすことになりました。
優子は自分のこれまでを本間に話し出します。優子は男に浮気されて躁うつ病になってしまって入院したことなどを話します。そして本間はEDである事を告白します。帰ろうとする本間を引き留め二人は一緒に寝ます。
優子は両親の法要で福岡に行きます。再会したいとこが妻との不仲を告白してきます。
蒲田の街のサイトを作った優子。そこにうつ病のヤクザからDMが来ます。DMには優子が撮った写真がとても気に入ったことが書いてありました。そして写真の公園で二人は会う事に。ヤクザは馬込に恋人と、自分の娘が済んでいることを告白します。二人は薬の話などをしお酒を飲みます。
ある日、本間から大学時代のもう一人の同級生を交えて飲みに行こうと誘われます。本間もまた優子に惹かれていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ある日の事、優子のアパートに祥一が押しかけてきます。妻とは不仲で、経営していた店もつぶれ、愛人を追いかけて東京に来たが拒絶されてしまったといいます。行くところがない祥一を優子はしょうがなく泊めてあげます。それなりに仲良く過ごしていると、本間が優子の家にやってきました。
祥一は気を利かせて、車に行きます。そのまま寝て、翌朝優子の家に祥一が戻りますが優子の鬱がひどくなっていました。祥一は寝込む優子の代わりに家事をします。優子も少しずつ元気を取り戻していきます。祥一に性行為をしようと提案しますが、断られ祥一は福岡に帰ってしまいました。
優子はヤクザに呼び出され、自分の連絡先を消して欲しいと言われます。刑務所に入るのでした。出所したら恋人と娘と暮らしたいと話していました。無性に祥一に会いたくなる優子。しかし祥一は自殺していました。
いつか来た銭湯の前で優子は祥一を思い出して泣くのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました