叫/あらすじとネタバレと感想

叫2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

叫の概要

制作:2006年 日本
監督:黒沢清
出演:役所広司、小西真奈美、葉月里緒奈、他

叫の見どころ

「叫」さけびは黒澤明監督によるホラー映画。
主演は役所広司。
東京の湾岸線で三件の殺人事件が起こり刑事は幽霊に遭遇してしまう。人々を恐怖に陥れる作品である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

叫のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京の湾岸線の埋め立て地で、赤い服を着た女性を水死させ殺害する事件が起こりました。
現場に吉岡(役所広司)たち刑事がやってきて、水たまりを調査します。するとボタンを発見します。
殺された女性は溺死です。なぜボタンが?と思った吉岡は、家に帰って自分のコートを見てみると自分のボタンが無くなっていることに気が付きました。
再び現場に出向き、ボタンを鑑識に回します。
そして死体の爪から加害者の指紋が見つかりました。なんと吉岡と同じ指紋だったのです。
続いて医者の佐久間はお金をせびりに来た息子を埋め立て地で殺してしまいます。
吉岡が現場に居ると、指名手配されていた佐久間が現れ吉岡が追うと廃墟のビルから飛び降りてしまいました。
佐久間が回復するのを待って取り調べをしていきます。
吉岡も、はじめの殺人と同じ人物が殺したと思っていたからでした。しかし回復した佐久間は落ち着きません。
赤い服の女が見えると言い出したのです。その日の夜吉岡が寝ていると赤い服の女が現れ、精神科医を訪ねてみても異常は見つかりませんでした。
吉岡は恋人の、春江と居る時だけが安心できる時でした。
再び現場に行った吉岡は赤い服の女に「私を殺した」と言われ、いつもそばに居るとも言われてしまいます。
そして再び事件が起こります。小野田貿易の社長の小野田が愛人に殺されていました。風呂場には海水が入っていました。そして手口も同じでした。
その日、吉岡に連絡がつかず、翌日にアリバイを求められたのです。指紋や残されたものから吉岡が疑われていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

各殺人の加害者は判明され、安心した吉岡でしたが赤い服の女が現れます。
赤い服の女は、この殺人事件で殺されたのではなく15年前にフェリーの通る療養所に居て見捨てられて死んでいったといいます。吉岡は小野田の愛人に会って話を聞くと同じように赤い服の女に会ったことを口にします。
吉岡はフェリーに乗って療養所を探し出しました。療養所は廃墟になっており、そこに白骨化した遺体を見つけたのです。
そこで吉岡は思いだしたのです。半年前に恋人の春江を殺していたことを。
白骨化した遺体は赤い服の女でした。療養所から呪いをかけて殺人をさせていたのです。
吉岡は遺体をバッグに詰めました。一旦自宅に帰り、街に出ます。赤い服の女が現れ、わたしは死んだ。だから、みんなも死んでくださいといいます。そこに春江が出てきて叫びました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました