東京プレイボーイクラブ/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

東京プレイボーイクラブの概要

制作:2012年 日本
監督:奥田庸介
出演:大森南朋、光石研、臼田あさ美、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

東京プレイボーイクラブの見どころ

奥田庸介監督によるバイオレンス映画。
行き場を失った人が集まるサロン。そこに集まる人が次々とトラブルに巻き込まれていく様子を面白おかしく描いている。
主題歌はエレファントカシマシ「パワー・イン・ザ・ワールド」。主演は大森南朋。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

東京プレイボーイクラブのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

会社で仕事をしていた勝利(大森南朋)。そこに浪人生がうるさいとやってきます。社長はなだめるものの、勝利は気に入らず工具で殴りつけました。浪人生は頭から血を流して倒れます。
そして勝利はなじみのさびれた東京プレイボーイクラブというサロンに行きます。
不景気で周りの店がつぶれている中、サロンのオーナーである成吉は暮らしていければいいといいます。
ボーイの貴弘はエリ子と同棲していましたが、はなを妊娠させてしまいます。
勝利は成吉がそのまま飲みに行くと、トイレでヤクザ梅造が因縁をつけてきて勝利が殴ります。ですがその梅造はこの街を取り仕切るやくざ3兄弟の三男だったのです。次兄の竹男に脅され、成吉はサロンのために謝ります。むしゃくしゃした勝利は成吉にわからないように竹男を襲います。
当然ですがバレて、サロンに三兄弟が来ます。成吉は謝りますが長男の松ノ介は落とし前として、ハードSMの相手としてお店に居たエリ子を指名します。ホテルの場所と時間を伝え帰りました。
帰りました。はなは貴弘が店の金を盗んで渡してやめていたのでした。貴弘に頼まれてサロンで働くことになったところでした。
勝利に運転されて、エリコは成吉に渡されたお金を持ってホテルに行きました。
部屋に入ると松ノ介はやる気満々でパンツひとつで待っていました。そしてエリコからの電話でホテルに向かう松ノ介。そこにはベッドの上で死んでいる松ノ介が居ました。
松ノ介の乳首にはSMの電動のマッサージが取り付けられており、死因は心臓麻痺だとわかります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

成吉は金を集め奪い、勝利は死体を切り刻むことにしました。
そしてゴミ袋に入れて捨ててしまいます。松ノ介が帰ってこないので竹男と梅造はサロンに来ます。
そして成吉は勝利とエリ子を呼び出し、問い詰められた成吉はエリコのせいにしてしまいます。
そんな成吉の姿を見た勝利が自分がやったといいます。それを聞いた竹男が怒り発砲しますが、弾は梅造に当たってしまいます。竹男が梅造を抱きかかえているうちにエリコがラジカセで竹男を殴り、勝利と一緒に逃げようとしますが、梅造がエリコの背中を撃ちます。弾がなくなった梅造の事を勝利が暴行し、エリコを乗せて病院に行きます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました