22年目の告白 -私が殺人犯です-/あらすじとネタバレと感想

22年目の告白 -私が殺人犯です 2017年の邦画

22年目の告白 -私が殺人犯です-の概要

制作:2017年 日本
監督:入江悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル、他

22年目の告白 -私が殺人犯です-の見どころ

韓国映画『殺人の告白』をリメイクしたサスペンス映画です。
監督は入江悠。主演は藤原竜也。
時効事件をめぐり、迷宮入り事件と思われた犯人が突然罪を告白しだし、突如人気となっていくが・・・。

22年目の告白 -私が殺人犯です-のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1995年の日本。世間では凶悪事件がありました。
親しい人の前で残虐に殺し、死んでいく姿を記憶に植え付けていくというやり方で、犯人はその後22年間にわたって逃げていました。警察もかなり躍起になって犯人を捜していましたが、とうとう見つからずに時効を迎えてしまいました。
最後に警察はわざと事件の発表をずらして発表して犯人をおびき出そうとしますが、当時の警察官、牧村航はもみ合いの末銃撃戦になり、逃がしてしまいます。牧村は犯人に負傷させたことから犯人に恨みを買ってしまいました。そして合計五人が殺されてしまいます。そして15年がたち、時効は成立。その後7年経ったある日の事、テレビに犯人が顔を出して出てきます。そして犯人は「私が殺人犯です」と言いました。
曾根崎雅人と名乗るその男は、そして事件の詳細を書いた本を出版すると言い出します。
男はメディアへの顔出しをドンドン受け、公にしていきます。
一方、許すことのできない遺族の怒りは警察に向かいました。
曾根崎は顔もいいこともあり、一躍有名人となりました。一部ではカリスマ的扱いです。
妻を目の前で殺された医師山縣の病院では土下座をし、メディアを通して流します。
その場に居た牧村は曾根崎を思わず殴ってしまいました。
しかし怒ったところで、時効は成立しているので誰も曾根崎を罪に問えません。
ある日出版した本のサイン会が開かれることになり、過去に曾根崎に身内を殺されていた組長が乱闘騒ぎを起こすことを計画します。組の若いものを使って曾根崎を殺そうと思っていたのでした。

ネタバレと結末

そのころ曾根崎の元には仙堂と対談する生出演の話が来ていました。
そこで曾根崎のウソは暴かれて行き、真犯人と名乗る男が出てきたことも知らされます。
そして真犯人は証拠の動画を見せ、曾根崎は本性を現せたように見えました。曾根崎は犯人ではありませんでした。それどころか、真犯人も本当の犯人ではありませんでした。
牧村の妹の婚約者が顔を替え、名前を変え、事件を知っている牧村に書かせたのがあの暴露本でした。
世間の目を引くことで本当の真犯人をおびき寄せることが目的でした。
実は犯人は仙堂でした。そして牧村は本当はまだ時効ではないといって仙堂を逮捕します。
千堂は「闇を追いかけて」という手記を出します。さらに千堂を恨む戸田によって千堂は刺されてしまいました。

22年目の告白 -私が殺人犯です-のみんなの感想

ネタバレなし

久しぶりに面白い邦画を観たと思いました。
オチはありきたりかもしれませんが、この映画のタイトルを含めて、観客に対する最初の掴み方がとても秀逸な作品です。そして、終盤までに至るまでの物語の盛り上げ方も上手く、あとは藤原竜也さんの演技も最高で引き込まれます。
なので、私はついつい先が気になって、最初から最後まで集中して観ることができました。全体的に、とても良い邦画です。(20代女性)
私がこの映画を見たのは藤原竜也の出演しているドラマや映画は面白いからです。残虐なシーンも多数あり目を背けたくなることもありました。真犯人と思っていた人物が実は真犯人ではなく、真犯人は他にいたという衝撃のラストに驚愕しました。キャストが豪華すぎて皆演技が上手で引き込まれてあっという間に見終わってしまいました。この手の内容のものはあまり見たくなかったのですが、こういう映画も面白いなと思わせてくれた映画でした。(30代女性)
藤原竜也さんはこういう役もとても上手なので安心して見れます。演技がすばらしいだけに、ストーリーの甘さがもったいなかったです。
わりと早いうちから、真犯人が想像できてしまい、犯人もよくあるありきたりなものになってしまっています。
設定はとても興味深く面白いので、もっとあっと驚くような仕掛けがさらにあると良かったし、テーマが重いので深く突き詰めた作り方をして欲しかったです。(30代女性)
タイトルから気になりますが、主演が藤原竜也ということでこれは絶対に面白いと思いました。時効をむかえた犯人が自分で犯人ですと名乗り出て、本まで出版するなんてありえないようなストーリーの展開が面白かったです。実際にこんなことはあり得ないと思いながらも、こんなことがあったらどうなるのだろうなんて考えてしまいました。でも、この話にこんなどんでん返しがあるなんて思ってもいませんでした。実は、牧村の妹を殺した犯人探すための芝居だったなんて。曾根崎が、妹の恋人が整形していたということがわかり驚きでいっぱいでした。少々頭の中が混乱しましたね。キャスターの仙堂はいつから疑われていたのでしょうか?成功していた仙堂には、意外な過去があり、それが殺人に繋がっていたなんて。でもそれで殺人を犯していい事にはなりませんよね。殺害の映像や記録を残していたけど、それは何にためだったのか不思議です。そんな証拠など、なければ捕まることもないはずです。牧村の妹・里香を入れると殺人は6件ですが、5件は時効成立になってしまい里香の件でしか罪は問えませんが、それでも逮捕できてよかったです。もっと単純な話を想像していましたが全然違いました。深い話で期待の通り面白い映画でした。(40代女性)

ネタバレあり

この映画かなりテンポもよく面白かったです。
特に最初は誰もが犯人だと思っていた藤原竜也演じる「曾根崎」の正体が、殺された牧村の妹の婚約者が整形したあとの姿だったとは思いもよりませんでした。
しかも、真犯人がニュースキャスターの仙堂でその時効が成立した犯人をおびき出すため嘘の告白本を出したという想像しない展開に驚きました。
展開も早くて邦画によくありがちな「途中にダレてくる」というところもありませんでした。(30代男性)
久々に衝撃の走った映画でした。面白い、だけのなまぬるい感想だけでは不足し過ぎと言って過言ではありません。
犯人がわかったとき、度肝を抜かれました。
嘘でしょ!?そういうこと!?という感情しか生まれず、見終わった後はしばらく茫然としていました。個人的には、本当の犯人の家の中での決戦がハラハラしました。狂気の沙汰ではない犯人。背筋が凍りつくとはまさにこのことだろうなと思います。
あの映画の予告CMも狡いなあ、と今になっては思っています笑
また、藤原竜也の名演技だったからこそ、というのもあります。あそこまでなりきれる演技を演技するという、視聴者を騙すための演技でもあったんですね… 脱帽ですとしか言えません。これぞ映画!と思わせてくれた、名作だと思いました。(20代女性)
もともとこの作品の原作は韓国で製作された作品を、日本でリメイクをしたものである。一匹狼の刑事の泥臭さとは対照的に殺人犯は上品で大衆ウケもいい。主要な登場人物が対比で描かれていることで、ストーリーに乗せられ引き込まれる。殺人犯が事件の時効成立後に犯行を告白するために公に現れる場面は本当にその瞬間に自分も立ち会っているかのような感覚を味わえる。また、時効後というタイミングも大衆の不信感や興味を煽るポイントになり、また犯人のビジュアルも洗練され犯行ではなく、時の人として注目を浴びていく様子は展開が気になる。最後には予想もしていなかった展開になり、遺族や視聴者を巻き込んでのエンディングを迎える。韓国版と日本版のどちらも視聴しましたが、エンディングは韓国版のほうが対比で描かれていた2人共が泥臭く人らしい雰囲気でよかったように思いました。(20代女性)
驚愕の展開で、いったい誰が犯人なのかドキドキでした。誰が嘘を言っているのか、何が真実なのか、ワクワクしました。憎らしいほど、挑発してくる曾根崎が、まさか妹の恋人が整形していた姿だったとは、本当に驚きました。理不尽に命を奪われた人、遺された家族の苦悩は計り知れず、苦しみが痛いほど伝わってきました。遺族の協力があってこそ、大掛かりな芝居をうって、真犯人をあぶり出し、追求する姿は、とても斬新で面白かったです。犯人の動機はとても理解できないもので、許せない気持ちになりましたが、最後、制裁が与えられ、報いだと感じました。大切な人を失った悲しみは消えることはなくても、前を向いて生きて行こうとする姿に希望が持てるラストでした。(40代女性)
この映画を観て、まず感じたことが現代のSNS社会への皮肉が入っているなと感じました。22年前の連続殺人犯が突然メディアに出るようになり、本を出版するようになる。普通に考えたら被害者への冒涜になるし、そんな非人道的なことに構って犯人を持ち上げてはいけないとなりますが、ツイッターなどで若者の間で一大ブームとなり「ソネ様」という愛称で親しまれたりサイン会にファンが殺到する様子はまさに狂気そのものだと思いました。最終的に曾根崎がメディアに出たのもきちんとした理由があったわけですが、殺人犯であるにも関わらずヒーロ視するようになってしまう人間の心が一番恐ろしいと実感した映画です。ゆるやかに展開していきますが、途中で飽きることなく引き込まれながら観ることができる映画です。(20代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました