奇談 キダン/あらすじとネタバレと感想

奇談 キダン 2005年の邦画

奇談 キダンの概要

制作:2005年 日本
監督:小松隆志
出演:阿部寛、藤澤恵麻、ちすん、柳憂怜、他

奇談 キダンの見どころ

諸星大二郎の漫画生命の木を実写映画化。
主人公は幼いころの記憶が二年間無くなっており、教会を見た時記憶が少しづつ蘇り、16年前に自分ともう一人が神隠しにあい、自分だけが戻ってきたことを思いだして幼いころの記憶を頼りにもう一人を探しに行き、神隠しに合った子供たちを取り戻すというストーリー。

奇談 キダンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1972年のこと。大学で研究をしている里美は幼いころの二年間だけ記憶が無くなっていました。
里美はこのことが原因なのか穴や地下を異様に怖がっています。ある日ふと渡戸カトリック教会の写真を見て、自分が幼いころにここに住んでいたという記憶が戻ってきました。
色々と調べてみるうちに、新聞紙で七歳の時の自分と新吉という少年が行方不明になっている記事を見つけます。行方不明になった二人は里美だけが帰ってきていました。
失った記憶を取り戻すために里美は教授に渡戸村に行ってみることを話しました。教授はそれならと、渡戸村の近くにある近々ダムに沈むハナレという村がどうなっているのか見てきて欲しいと言いました。
里美は昔から居る住職に渡戸村の話を聞きに行きます。すると渡戸村はもともと隠れキリシタンが逃げ込んだ村でさらにそこから秘境を求めて移り住んだのがハナレだと言われます。ハナレに移った人々は渡戸村から村八分にされ、孤立してしまい近親相姦をしていくしかありませんでした。そして近親相姦を繰り返して今では知能が子供位しかないと言います。
そして渡戸村に着いた里美が宿に向かう途中に教会を見つけて中に入ると、神父と考古学者の稗田が居ました。稗田にハナレの事を聞くと稗田もハナレを調べに来たと言います。二人は明治時代の神隠しの話をし、村の長老に話を聞きに行くと50年ごとに神隠しがあり、七歳の子供と決まっている。そしてハナレの仕業だと言います。

ネタバレと結末

そして長老は「ハナレの人は死なない」と言います。
そして神父もハナレは今でも隠れキリシタンを続けており、電気もガスも通ってないと言いました。その頃同時にハナレの住民が十字架に張り付けられて死んでいました。そして土砂崩れが起き、ハナレに通じる道がなくなります。しかし次の日、里美、稗田、神父と巡査と役所の人でハナレに行きます。
ハナレに着くと、重太しか見当たりませんでした。重太は洞窟の前に行き、付いて行くと中が大聖堂になっていました。昔、里美が洞窟に連れて行ってと新吉に言い、ここまで来ると怖くなって引き返したことを思いだします。その向こうに三人のヨハネがおり、ここは地獄だと言います。ふと穴の下を見ると人間がうごめいており、死ねない人たちの集まりでした。すると新吉が現れ、穴に入ると十字架に張り付けられて死んだはずの人が出てきます。その人は地獄の人を天国に送るために張り付けられていました。そしてその人は天国に行くぞ!と唱えるとみんなが天に向かって登りだします。長老が教会で祈っていると神隠しに合った子供たちが帰ってきました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました