ホームレス中学生/あらすじとネタバレと感想

ホームレス中学生 2008年の邦画

ホームレス中学生の概要

制作:2008年 日本
監督:古厩智之
出演:小池徹平、池脇千鶴、西野亮廣、他

ホームレス中学生の見どころ

田村裕による自叙伝を古厩智之監督が映画化。
中学の時に突然父から「解散!」と言われ、家を出されてホームレスになった経験を一冊の本にまとめたものである。
当時は漫画、映画、ドラマと田村のエピソードが話題になった作品。

ホームレス中学生のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

中学二年のある日、田村は一学期の終業式でした。友達と遊ぶ約束や女の子とのデートの約束で、夏休みを謳歌しようと弾んで家に帰りました。が、家には入れず、KEEP OUTというテープと共に家財道具が出されていました。呆然としていると姉や兄が帰ってきて、最後に父が帰ってきました。そして父から「解散!」と言われてそのままバラバラに生きていくことに。
田村は兄や姉には頼らず一人で生きていこうと思います。そしてまきふん公園のうんこの形をした滑り台を寝床にし、雨や公園の水道を使って体を洗います。所持金は無かったので、水を飲んだり草や段ボールを食べてしのぎ、鳩のエサまで恵んでもらいました。
誰にも頼らずに堪えていた田村でしたが、ある日同級生に会い、泊めてもらえることになりました。
この同級生の両親が非常にできた人で、田村の兄や姉も呼び寄せてしばしの間ですが一緒に暮らせることになりました。そして民生委員に相談し、近所の夫婦の協力により、空き家を貸してくれることになりました。
民生委員が生活保護を段取りしてくれて、そこで三人は暮らすことになります。
相変わらず食事は貧祖でしたが、眠るところと住むところが確保できたのは大きかったのです。
そして学校生活にも無事に復帰でき、徐々に落ち着いて明るい性格になっていきます。
しかしすべてが安定したわけではなく、田村自身は幼いころ母を病気で失くしておりました。父と母は仲が悪く、母をできるだけ笑わせようとしていた子供時代。母は亡くなってしまいましたが、きっとまた会えると思っていたので田村は泣きませんでした。
しかし民生委員のおばちゃんが突然死んでしまった事から、心が折れてしまい家でもケンカを繰り広げて、最後にはまた家出をしてしまいました。

ネタバレと結末

海を見に行き寝転がっていると警察に補導され、兄が呼ばれます。帰りに田村と牛丼屋により、田村にだけ牛丼を食べさせようとします。牛丼が来るまでの間に、もう生きていくのが辛いことを兄に伝えます。
兄は怒り、田村を突き飛ばして牛丼を食べさせます。牛丼屋から出ると、姉は昼から家を出るといい、変えるのか帰らないのかは自分で決めろと田村に言い、兄は去ります。しかし田村は居場所としての家に帰るのでした。するとそこにはおにぎりがふたつ。お帰りと書かれたメモと一緒に置かれていました。そして田村は母、みんなを笑わせる仕事につくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました