死に花/あらすじとネタバレと感想

死に花2004年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

死に花の概要

制作:2004年 日本
監督:犬童一心
出演:山崎努、宇津井健、青島幸男、谷啓、長門勇、松原智恵子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

死に花の見どころ

太田蘭三の小説「死に花」を犬童一心監督が映画化。
高級老人ホームで暮らす6人が一人が亡くなったことで彼のできなかった計画を実践していく話。
青島幸男、藤岡琢也、森繁久彌の遺作映画でもある。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

死に花のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高級老人ホームで、ゆったりと余生を満喫している老人たち。
フィットネスや各種設備も整っており、これまで頑張ってきた人生のご褒美を堪能する老人たち。不自由は何一つないのですが、いかんせんすることがありません。だから老人たちは趣味に没頭していました。
あまりにも熱心なので職員にも関心されるほどでした。
ある日のこと、仲のいい6人組のうちのひとりが亡くなりました。何事も計画を立てて行動していた金蔵らしく、自分の葬式もお別れ会として、本人が出演するビデオでお別れします。ジャズが好きだった彼はジャズを流し、みんなには明るくダンスを踊ってもらって終わりました。そして金蔵の死に花というノートが残りました。
金蔵の恋人貞子は睡眠薬を飲んで金蔵の棺桶に入ります。そのことで、今まで年齢のことで行為もできなかった恋人たちが詫びてきました。
そして残りの五人は死に花を開きました。そこには銀行強盗の計画が書かれておりました。
退屈していた五人はその計画を実行することにします。人生の最後に死に花を残そうと思ったのでした。
計画は地道なもので、隅田川からトンネルを掘って地下金庫に到達して盗むというものでした。
トンネルは20メートルほど掘れば到達する予定でした。機械も使いましたがつるはしとスコップがメインです。
これは老人たちには結構こたえました。そんな様子を見ていたホームレスの老人が気づきましたが、彼もまた仲間に入りました。
東京に台風が来る日、トンネルに水が入らないように土嚢を積みに行きます。
が、なかなか帰ってこないので心配になった老人たちが迎えに来ました。なんと土嚢を積みに来たのに、何をしに来たのか忘れてしまったのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

どうにかこうにかしながらも、計画は実行できました。
穴を掘っていく途中で防空壕を見つけます。青木の子供の遺品がそこにあり、白寿のお祝いの席で青木に渡すと涙して喜びました。もしかすると金蔵は青木のためにこの計画を立てたのではないかと思うほどでした。
そしてお金を奪った後、トンネルは水が入り込みます。そして銀行もウソのように傾いていくのでした。
その後、地下金庫から17億円無くなっているとニュースになります。が、和子LOVEと書いてあったことで誰も老人の仕業とは思いませんでした。和子とは、老人ホームの新人職員のことです。
お金はもともと困っていない老人たち。寄付も考えましたが、武田信玄の埋蔵金探しの資金にし、もう一花咲かせようと決まりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました