人生逆転ゲーム/あらすじとネタバレと感想

人生逆転ゲーム 2010年の邦画

人生逆転ゲームの概要

制作:2010年 日本
監督:室賀厚
出演:森下悠里、正木蒼二、不二子、木庭博光、芥勘兵衛、加藤藍子、丹羽博人、田中俊、松山鷹志、他

人生逆転ゲームの見どころ

ギャンブルやホストなどで思うようにお金を使い借金を膨らませていく主人公がある日、命をかけたゲームをするために八人集められ、生き残りをかけたゲームが始まります。
パッケージからしてカイジの人生逆転ゲームを意識している。

人生逆転ゲームのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

遊ぶだけのために借金を重ねた佐紀はさらに融資を申し込むものの、これ以上は無理だと断られてしまいます。そして”特別投資制度”をちらつかされすぐに飛び乗ります。借金を一括で返済してくれるものの、命を担保にして貰うと言われ、病院で色々な検査を受けてきます。
ある日、空き地に呼び出され佐紀を含めた男女7人が用意された薬を飲まされ、気が付くとどこかの建物の中に閉じ込められていました。同時に8人の借金が一本化されており金額は二億です。臓器移植のドナーとなり、売れた分だけ借金が無くなるというシステムです。これは生き残りのゲームであり、世界中の富裕層が誰が生き残るかを賭けて楽しんでいたのでした。そして生き残った人は賭け金の2%が貰え、借金からの人生を逆転させることができるという話でした。
話し合ったものの誰がドナーになるか決まらずゲームで決着をつけようとします。まずはトランプゲームです。このゲームでは若いスドウが負けると、突然扉が開いて二人の男に連れ去られてしまいました。
次のゲームは水にコインを入れて行くというものでした。ここでは薬中毒の主婦が薬が切れて震えだしてしまい負けてしまいます。残りの六人には食事が振舞われ、休憩することができましたが気が気ではありませんでした。
次は神経衰弱で、年長者の男が負けて残りは五人になりました。
次は”投票で選ぶことになり、若い男が連れて行かれます。そして残りは佐紀を含めた4人になりました。

ネタバレと結末

次のゲームは二人組でのロシアンルーレットでした。
ヤクザと水商売が組んでヤクザが負けて、水商売の春川が生きて帰れることになりました。
そしてもう一組は佐紀と中学教師のサエキです。佐紀とサエキのどっちかがドナーになる事は確実でした。すると突然サエキが自分の昔話を始めます。サエキは妻を19歳の少年に轢き殺されて、少年と執行猶予にした裁判官を殺して逃げ回っていたのでした。
ロシアンルーレットが始まり、最後の球になった時突然サエキが銃を取り自殺しました。そして春川と佐紀が生きて出られることになりました。佐紀は金を手に入れて、自画自賛で喜んだあと、また病院で検査をして次のゲームに挑むのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました