イマジネーションゲーム/あらすじとネタバレと感想

イマジネーションゲーム2018年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

イマジネーションゲームの概要

制作:2018年 日本
監督:畑泰介
出演:久本雅美、板野友美、田中幸太朗、仙石みなみ、他

イマジネーションゲームの見どころ

ゼネコンで働くキャリアウーマンで高齢独身の女性には”置き女”としての裏の顔がある。そしてのちに出会う専業主婦として全く正反対の女性は夫の悪口をネットに書きなぐりカリスマとなったのちに夫にばれて家出し、もう一人の女性と同居することになり、女性の裏の顔を手伝っていくことになり自立していくというストーリー。

イマジネーションゲームのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

葵の夫は妻が作った弁当をゴミ箱に捨ててコンビニのサンドイッチを食べています。
この夫婦の愛情は冷めきっていました。勉は離婚したいと思っており探偵事務所に葵の調査を依頼しています。
調査の報告は悲惨なものでした。勉の歯ブラシで便器を掃除したり味噌汁に雑巾の汁を入れたり、ネットの夫への復讐サイトにて、書き込みして人気になっていました。
一方大手のゼネコンに勤務する早見真紀子は男にも目にくれず、仕事ひとすじで会社の部長まで上り詰めていました。部下の久美子だけが真紀子に突っかかるくらいで他には誰も真紀子に立てつきません。
40代後半にさしかかった真紀子には実は会社とは別の顔がありました。それは、深夜の女神という名前で夜に自分の履いているパンティを脱いで隠して男たちに探させるというゲームサイトをしているのでした。絶対に顔は出さないけれども脱ぎ配信などもしていて、男たちの女神となっていたのです。
一方葵は勉に問いただされてケンカになって家出します。葵は飛び出して公園で寝ようと思っていました。そこに下着を置きに来た真紀子と出会います。ここはやめてくれと言い、二人でマンションの階段から見ていると男たちが真紀子の下着を探しにやってきました。真紀子がこっそり見ているのに葵は楽しすぎて思わず男たちに手を振ってしまいます。男たちは葵が女神だと思い込み、ネットでは加熱していました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

そんな様子を監視カメラで見ていた刑事たちは「覚せい剤」の取引だと思いこみ、捜査を開始します。
行く当てのない葵を真紀子が家に連れて帰り泊めます。葵はこれまでのいきさつを真紀子に話しました。
真紀子と葵は深夜の女神を継続し、ライブ配信をしていると刑事が来て真紀子が連れて行かれます。その間も配信されていたので女神はババアだったという噂が広がってしまいます。真紀子は警察から解放された後会社に行くと会社のパソコンにも深夜の女神が貼られており、家にも取材が来ました。その頃葵は離婚届を書き、一緒にパンティを渡します。真紀子がいない間実は久美子がしっかりと仕事を引き継いでおり、真紀子の帰りを待っていました。三年後、久美子も葵もバリバリ同じ会社で働いています。真紀子は会社を辞めて下着会社に居ました。ばったり会った葵と真紀子。真紀子はゼネコン時代の後輩と付き合っているようです。葵と別れた後に真紀子は彼を呼び出して真昼の天女といってパンティを脱ぐ姿を撮影させるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /
この作品を無料で見る
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /
この作品を無料で見る
タイトルとURLをコピーしました