贅沢な骨/あらすじとネタバレと感想

贅沢な骨 2001年の邦画

贅沢な骨の概要

制作:2001年 日本
監督:行定勲
出演:麻生久美子、つぐみ、永瀬正敏、他

贅沢な骨の見どころ

麻生久美子、つぐみ、永瀬正敏の三人がメインプラス、行定勲監督の贅沢な映画。
本編に登場するバンドは永瀬が歌っており、珍しい作品である。
ホテトル穣をしている女の子と、友達。それにお客さんであった男との三人暮らしを淡々と映し出している。

贅沢な骨のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ホテトル穣のミヤコ(麻生久美子)がサキコ(つぐみ)と同棲している。
ミヤコはある日、客に貰ったウナギの骨がのどに刺さってる事をサキコに言うと「贅沢な骨」だといいます。
サキコはミヤコの収入で生活しているのですが、サキコはミヤコに仕事はしないでいいといいます。
ある日、ミヤコは新しい客である新谷(永瀬正敏)とセックスをし、これまで感じたことのない体験をしました。ミヤコは新谷が気になってしまい、個人的に新谷と会うようになってしまいます。
またある日、サキコは衝動的に屋上から飛び降りてしまいます。飛び降りたことにより骨折してしまったミヤコはサキコが退院するまで一人暮らしです。ミヤコはウナギの骨がのどに刺さったまま、新谷を呼び寄せて暮らしますが、サキコが退院してきて三人で暮らすように。ミヤコは新谷にサキコとも関係を持つように言います。サキコは実家が不仲なことを新谷に告白します。父や義理母に「汚れている」とののしられていることも。しかしサキコは元気にふるまい、新谷の事を呼びます。
するとそのうちに新谷がサキコに心が動いてきます。
二人を残して仕事に行くミヤコ。しかしそこでサキコと新谷は関係を持ってしまいます。ミヤコは仕事といいつつ、弁当屋の軒先で雨宿りしていたのです。
自分で言ったものの、ミヤコは嫉妬から二人の仲を邪魔しようとしますがうまく感情の処理ができません。
母が死に、若い後妻を貰っていたミヤコは実家に帰ると、昔サキコが欲しがっていた人形を渡されます。その人形は昔サキコが欲しがっていたもので、父が渡したかったものだと言われました。

ネタバレと結末

ミヤコとサキコはお互いの気持ちを確認し合い、新谷も入れないことを悟って出ていきます。その後、ミヤコは客と待ち合わせしていたホテルに入ります。新谷はその時、前のようにミヤコに呼ばれた気がして、振り向きますが当然ミヤコはいませんでした。
しかし突然ミヤコが死んでしまいます。サキコは棺桶の中のミヤコの手を握りますが、暖かくもなく前のようにも笑ってくれません。
そして火葬されてしまい、サキコは一人でミヤコを見送ります。サキコはミヤコの喉ぼとけを箸でつまんだとことでエンドロール。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました