ふきげんな過去/あらすじとネタバレと感想

ふきげんな過去 2016年の邦画

ふきげんな過去の概要

制作:2016年 日本
監督:前田司郎
出演:小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、梅沢昌代、板尾創路、他

ふきげんな過去の見どころ

18年前に死んだといわれていた伯母が現れて、少女の母は自分だと告白されたひと夏の騒動の話である。
主演は小泉今日子と二階堂ふみ。親子の役で本気の取っ組み合いをすることで話題になった。

ふきげんな過去のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

舞台は北品川。東京でありながらも下町風情溢れる街に、住む女子高生果子(二階堂ふみ)。
果子はいるわけないと言われる、ワニを川で探す毎日。なぜなら海苔屋の本田の奥さんがワニを見たというのです。奥さんはワニに子供を食べられたという事で毎日川を見ています。しかし皆は信じておらず、(奥さんが子供を殺したのだろう)と噂されています。
しかしその川は海に近く、海水も混じっているためワニが暮らしてはいけません。果子はワニがいないという確認をしているだけです。
果子は毎日が楽しくなく、だからこそ不機嫌な毎日を送っています。
そして毎日のように喫茶ルアンに足を運びます。ルアンの女主人と親しげにしている若い客を見張るのが習慣になっていたのです。若い男性客の秘密を知りたくなった果子は聞き耳をすませますが、女主人は果子に康則ちゃん誘拐事件って知ってる?と聞くだけ聞いて終わります。
果子の家はタイチ&サトエの両親と母方の祖母とでやっているエジプト料理店蓮月庵です。豆がメインなので女性陣は常に豆をむいています。もちろん果子も手伝います。
昔は蕎麦屋だったのですが、ある日カンボジア人がやってきてエジプト料理に変えてしまいました。
ところで両親には赤ん坊が居ます。あまり動きませんが、果子もサトエもそうだったと祖母がいつも言います。
豆を剥きながら康則ちゃん誘拐事件について果子が聞きますが、皆さんあまり記憶にない様子です。
最後がどうなったのかもあやふやです。父のタイチは買い物に行き、サトエの姉がいなくなってから20年位経つのかな?と聞かれます。
・・・いつものようにワニと喫茶店を観察していると交通事故と男女がケンカしているのが見えました。どうでもいいと思う果子でしたが、男がルアンの若い客に見えてハッとしてしまいます。
家に帰るとまだ店は開いていませんでした。そこに入ってきた客に祖母がまだ開いていないという時に顔を見て驚きます。
同時に果子も昼間のケンカしてた女だと気が付きます。
そこに立っていたのは18年前に死んだといわれていた伯母の未来子でした。両親と祖母は驚きましたが、果子は面識がないので特に。
なぜ死んでいると言われていたのかは、未来子は爆弾づくりに夢中になり近所の暴力団の家に投げ込んだりと無茶苦茶したからです。しかも父タイチの指がないのもこのせいでした。
そして未来子が消えたので、死んだという事にし、死亡届も出していました。未来子は海外を転々としており、爆弾で頭があれなのとちょっとおかしなことを言いだします。
そして果子は伯母の存在を無視してルアンの客を尾行します。すると向こうから話しかけてきて、誘拐事件の康則だといいます。康則は、未来子が軟禁されててそこから逃げ出したといいます。
康則も未来子を違う世界に連れて行くといいます。そして康則は、未来子が果子くらいの時から火薬に惹かれてヤクザの事務所を爆発して逮捕されたといいます。当時未来子と付き合っていたタイチは土地を売って賠償金にしたそうです。しかし北海道に逃亡した未来子を追うもののタイチは見つけられず、帰ってきて妹のサトエと結婚したといいます。

ネタバレと結末

納得いかない果子は未来子にケンカを吹っ掛けます。そして大げんかの後に未来子がふと果子に言います。
「果子に会いに来たのよ」と。それからしばらくして「あんたの本当の母親よ」と言われますが、果子は「あ、やっぱり?」と流します。なんとなく果子はわかっていたのです。そして家康が未来子を連れて行きます。しかし家康の隠れ家に居ただけでした。
そして今日も果子は川を眺めます。しかし今日の川にはワニが居たのです!そして捕まえようとした人から逃げ出したのです。果子は嬉しそうに眺めて終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました