木更津キャッツアイ ワールドシリーズ/あらすじとネタバレと感想

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ 2006年の邦画

木更津キャッツアイ ワールドシリーズの概要

制作:2006年 日本
監督:宮藤官九郎
出演:岡田准一、櫻井翔、酒井若菜、岡田義徳、佐藤隆太、他

木更津キャッツアイ ワールドシリーズの見どころ

大人気木更津キャッツアイシリーズの映画第二弾を金子文紀監督が映画化。
ぶっさんが死んで三年後、三年前に言えなかったぶっさんへのさよならを改めて感じていく物語である。
主演は岡田准一。

木更津キャッツアイ ワールドシリーズのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

余命を宣告されてもなぜか生き続けていたぶっさんでしたが、三年前亡くなりました。
市役所に就職したバンビ以外はみんな街を出ていってしまっています。アニは秋葉原でIT?の仕事。マスターは大阪で野球狂の詩2号店というお店を開いています。行方不明なのはうっちーだけでした。
ある日バンビはぶっさんの声を聴きます。
そしてぶっさんを生き返らせることができることができると聞き、マスターやアニーに久しぶりに会いに行くのでした。ぶっさんの言うとおりに生き返らせる技を使おうとしていると爆発が起こりました。
そして自衛隊訓練所から脱出してきたうっちーとゾンビ集団に会います。うっちーは陸上自衛隊に入っていたのでした。
自衛隊教官杉本文子はうっちーを捕まえようと必死です。巻き込まれていたゾンビ集団は野球で決着をつけようと提案しました。杉本はゾンビの提案を受け入れて、負けたら全員自衛隊に入ろと言いました。うっちーだけが喜ぶその提案にみんなはうんざりしていました。
グランドの整備をしていると前に亡くなったはずのオジーとぶっさんに出会います。喜んだ仲間とぶっさん。
ぶっさんは野球をやろう!と言いだします。グランドで円陣を久しぶりに組み、めちゃくちゃな野球対決が始まります。違和感を抱えたまま皆は野球します。
野球で大活躍していたぶっさんでしたが、ぶっさんの姿は父の公助には見えませんでした。
そして仲間たちも、ぶっさんだけが三年前と変わらない姿であることに気が付きだします。
三年前のあの日、ぶっさんはさよならを言うのが嫌で、みんなにさよならを言えずに死んでしまった事を後悔していました。

ネタバレと結末

ただ一人、さよならを言っていたのは父の公助だけだったので、父にはもうぶっさんの姿が見えなかったのでした。父にだけ姿が見えないことでみんなは、ぶっさんにちゃんとさよならを言わなくてはいけないと思いだします。四人はぶっさんにちゃんとさよならを言う事にしました。
ぶっさんがいなくても、ちゃんと前を向いて生きていけるようにと思い、ぶっさんに伝えました。
仲間たちとちゃんとさよならを言えたことで、ぶっさんは天国へと旅立って行きます。
そして残された四人は、それぞれにちゃんと前を向いて生きていこうとするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました