BECK/あらすじとネタバレと感想

BECK 2010年の邦画

BECKの概要

制作:2010年 日本
監督:堤幸彦
出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、他

BECKの見どころ

ハロルド作石の人気漫画BECKを堤幸彦監督が映画化。主演は水嶋ヒロ。
キャッチコピーは「奇跡の出会いによって生まれたバンド、ベック。青春のすべてが、ここにある。」。
バンドに賭ける青春バンド物語である。

BECKのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

いじめられっ子のコユキこと田中幸雄(佐藤健)は高校生活を平凡に送っています。
ある日いじめられていた犬を助けたことで南竜介(水嶋ヒロ)と出会います。
ちょっと異質に見える竜介はニューヨーク帰りの天才ギタリストでした。コユキは竜介からギターを教わりました。コユキが特に気に入ったのはダイイング・ブリード。竜介のニューヨーク時代の知人でした。
学校でいじめられたコユキは放送室に逃げ込みダイイング・ブリードを放送します。すると転校生のサクが同じくダイイング・ブリードファンで声を掛けられ、二人は仲良くなります。
そんなある日、コユキは竜介から借りたギターをいじめっこに壊されてしまいます。先輩の斉藤にギターを直してもらいに行き、斉藤からギターを徹底的に教わりました。そのころ木村栄ニらとバンドを組んでいた竜介は、自分の理想とするバンドを作ろうとメンバーを探していました。ラッパーの千葉恒美、ベースの平義行と共に「BECK」という名のバンドを結成していました。ドラムにサクが加わり、ヴォーカリストの素質を見出されたコユキも入ってBECKが完成します。
そして動画投稿サイトにライブの映像を載せると、それがヒットし大人気になりました。ライブ活動も開始します。コユキはそのころ竜介の妹真帆を好きになっていました。自主製作で作成したCDの売り上げも順調でロックフェスティバル「グレイトフル・サウンド」からも声がかかりました。

ネタバレと結末

しかし一方嫉妬に燃えた対バンドのプロデューサーである蘭が邪魔をし、一時はフェスの出演も危ぶまれていました。
そして業界の実力者でもあるレオン・サイクスが昔自分が使っていたギタールシールを竜介が持って居ることを知り、竜介を拉致監禁します。隆介はそこでレオンと取引し、グレイトフル・サウンドへの出場を取り付けました。
そしてやってきたグレイトフル・サウンドの当日。竜介と千葉がひょんなことから対立してしまいます。いつまでも来ない二人に、コユキは一人でステージに立ち、残るサクと平がサポートに回りました。
揃わないメンバーに不満を抱く観客でしたが、そこで竜介と千葉が来て圧巻のライブパフォーマンスを見せつけます。色々ありましたがBECKのステージは大成功に終わるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました