サウスバウンド/あらすじとネタバレと感想

サウスバウンドの概要

制作:2007年 日本
監督:森田芳光
出演:豊川悦司、天海祐希、他

サウスバウンドの見どころ

奥田英朗の小説を森田芳光監督が映画化。
三年かけて構想した小説であり、直木賞受賞後の第一作である。
学生運動時代が複雑に絡み合い、駆け落ちした女性と三人の子を作るが最後は西表島に帰るというファミリードラマである。

サウスバウンドのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

上原一郎(豊川悦司)は学生運動に明け暮れた後、同じく学生運動に熱を入れていたさくら(天海祐希)と駆け落ちし、ふたりの間には三人の子が。
仕事が見つからない一郎の代わりにさくらが、喫茶店を経営しながら暮らしていました。
せっせと年金職員が一郎の元にやってきます。しかし一郎は自前の屁理屈を並べて追い返します。
長男の二郎は小6です。仲の良かった子が中学の悪いグループに入り、今日も金をとられています。
そのころ、一郎は一郎で、二郎の学校に修学旅行の積み立て金が多すぎると文句をつけに学校に行きますが(1泊2日の富士箱根旅行でひとり3万5千円)、度が過ぎていて警察を呼ばれてしまいます。さくらはさくらで、中年の男にストーカーされていました。
そんな時に一郎に執筆の話が舞い込みます。一郎は自分の故郷である沖縄の西表島に移住することを提案します。しかし長女である洋子(北川景子)はすでに成人して仕事もしていたことから反対。
お金を取られることに腹を立てた友達と二郎は、中学生に意見しにいきますが、中学生は二郎に「お前の母親は若い頃、人を刺して刑務所に入っていた」と言われて殴ってしまいます。友達も参戦したことで、中学生は動かなくなってしまいました。
そのまま夜更けに家に帰ると、そこには校長や中学生の父が来ていて警察沙汰にすると叫んでいました。
この時、二郎の言い分を聞いていた一郎は意外に正しいことを貫いていると思いました。
そして私立への転校を促される中、母が決め、家族は西表島に引っ越すことにします。
一郎の故郷に引っ越してびっくり。父は故郷のヒーローだったのです。
そして自給自足と学校にも行かない日々が続きます。

ネタバレと結末

そしてそこに観光開発業者が来ます。開発するために立ち退けというのです。
強制執行が行われる中、一郎の必死の抵抗もむなしく家族は移住用住宅へ。一郎とさくらは公民館へ連れて行かれます。
そこで長女洋子から、二郎はさくらが昔学生運動に参加している時に裏切った仲間を刺して半年刑務所にいたことを知ります。
島の友達がダイナマイトで気をひいてくれてるうちに、子供たちは岩場に急ぐと、そこには一郎とさくらが児島に移住するために船の準備をしていました。どこまでもたくましい両親。そして後で迎えに来るという二人を子供たちは見送るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました