余命1ヶ月の花嫁/あらすじとネタバレと感想

余命1ヶ月の花嫁 2009年の邦画

余命1ヶ月の花嫁の概要

制作:2009年 日本
監督:廣木隆一
出演:榮倉奈々、瑛太、手塚理美、他

余命一カ月の花嫁の見どころ

イブニングファイブで放送された、24歳の末期がんというタイトルのドキュメンタリーから特番、余命1ヶ月の花嫁/乳がんと闘った24歳 最後のメッセージが放送され、その後本になり映画になった。
このことをきっかけにピンクリボンプロジェクトが発足され、乳がんのことを改めて考えるきっかけを作った映画である。
ネットでは賛否両論があるが、問題すべきなのは乳がんで亡くなることを防ぐことである。

余命1ヶ月の花嫁のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

長島千恵(榮倉奈々)はイベントコンパニオンの仕事をしている23歳。
赤須太郎(栄太)とイベントで知り合います。
何度か顔を合わせるうちに太郎は千恵が気になり、交際を申し込みます。てっきりOKが貰えると思っていた太郎は断られてしまいますが、それは太郎に関わる事でなく千恵に関することでした。
千恵はそのころ乳がんの宣告を受けていました。
そして千恵の母も、千恵が中学のころがんで亡くなっていました。
当然自分もいつか死んでしまうことが心にいつもあったので、太郎の誘いを断ったのでした。
しかし太郎も負けてはいませんでした。そんな太郎と千恵はいつしか付き合うようになっていました。
ある日太郎は乳がんの抗がん剤治療による、脱毛を指摘してしまう。説明をするもそんな自分に自信が持てなくなってしまい太郎の前から姿を消してしまいます。
千恵の父親にも反対されたが、太郎はあきらめる気はない。太郎は前に千恵が屋久杉の話をしていたことを思いだし、屋久杉に出向く。するとそこには千恵が居た。
千恵は太郎と会わなかった時間に、乳房を切除していたのだった。手術を受けたことでがんへの不安はいったん無くなっていた千恵。一人で屋久杉を見に来ていたのだった。
髪も胸もない千恵は太郎を受け入れる勇気がありませんでしたが、太郎は再び千恵を受け入れて付き合いだす。

ネタバレと結末

しかし千恵のがんが再発してしまいます。
千恵は自分の病気をテレビに流してもらい、乳がんの危険を知らせたいと願います。
もっと早くに検診を受けていたら、結果は必ず違うということを広めたかったのです。
必至で病気と闘う千恵ですが、がんが全身に転移してしまいとうとう余命一カ月と言われてしまいます。
太郎も太郎で、千恵に憧れのウエディングドレスを着せてやりたいと願います。式場を確保し、写真を撮るだけだと連れ出した千恵を待っていたのは、みんながサプライズで用意した結婚式でした。
結婚式でみんなと幸せそうに写真を撮り、千恵はその約一か月後に静かに息を引き取ったのでした。

余命1ヶ月の花嫁のみんなの感想

ネタバレなし

余命宣告された彼女と、その彼氏の心情がとにかく辛いものでした。彼氏に感情移入し過ぎてラストでは泣いてしまった事がとても印象的な映画です。ラストでは、余命僅かな彼女のために結婚式を挙げて幸せな気持ちを与えると言う彼氏のサプライズ、本当に良かったです。しかし、最終的に彼女が亡くなってしまうと言う終わり方には悲しみしか残りませんでした。ラストがハッピーではないので複雑な気持ちになりました。(20代男性)
余命1ヶ月の花嫁は、コマーシャルを見た時からとても気になっていた映画です。やっぱりその映画の題名は惹かれますね。どんな展開なんだろうと感じしながら自分だったらどうするだろうと、そんな風に考えさせられる映画です。余命というのは、人により受け止め方が違います。その中で、周りの人たちに支えられながら素敵な余命を迎えたいと、そんな気持ちにさせてくれる素晴しい映画でした。(50代男性)
一人の女性が精一杯愛して愛されて一生懸命に生きた映画です。周りの人達の温かさも伝わりました。冒頭の千恵さんの「みなさんに明日がくることは奇跡です」というメッセージがとても心に響いたので、一日一日を一生懸命に大切に生きようと思うことができました。この実話を映画として残してくれたおかげで乳癌についての見識がすごく広がったと思うので千恵さんと太郎さんに感謝しています。(30代女性)
この映画は悲しい実話が元になっていますが、その内容をほとんど知らずに観ました。確かに悲しい、こんなに悲しいことがあっていいのかという人生の儚さを感じましたが、同時にそれ以上の希望を持つことができる映画でした。今自分がこうして生きていられることに、そして周りには家族や友人がいることに感謝しなければならない。その気持ちを忘れずに1日1日を大切に生きていこう!と自らの人生を精一杯生きることの必要性を私に投げかけてくれる作品でした。悲しみと感動、そして希望への涙が一緒に溢れる映画でした。(50代女性)
この映画は悲しい実話が元になっていますが、その内容をほとんど知らずに観ました。確かに悲しい、こんなに悲しいことがあっていいのかという人生の儚さを感じましたが、同時にそれ以上の希望を持つことができる映画でした。今自分がこうして生きていられることに、そして周りには家族や友人がいることに感謝しなければならない。その気持ちを忘れずに1日1日を大切に生きていこう!と自らの人生を精一杯生きることの必要性を私に投げかけてくれる作品でした。悲しみと感動、そして希望への涙が一緒に溢れる映画でした。(50代女性)

ネタバレあり

映画が公開される前から話題で原作を読んでいたので、あらすじは分かっていましたが感動して何度も泣いてしまいました。
乳がんが若者でも患う可能性のある病気であることを広く伝えた映画だったと思います。
榮倉奈々さんの髪の毛が抗がん剤の副作用で抜け落ちるシーンは同じ女性として見ていられませんでした。
最終的に亡くなってしまわれますが「ウェディングドレスを着たい」という長年の夢がかなって良かったなと思います。(30代女性)
一人の女性が精一杯愛して愛されて一生懸命に生きた映画です。周りの人達の温かさも伝わりました。冒頭の千恵さんの「みなさんに明日がくることは奇跡です」というメッセージがとても心に響いたので、一日一日を一生懸命に大切に生きようと思うことができました。この実話を映画として残してくれたおかげで乳癌についての見識がすごく広がったと思うので千恵さんと太郎さんに感謝しています。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました