ハナミズキ/あらすじとネタバレと感想

ハナミズキ 2010年の邦画

ハナミズキの概要

制作:2010年 日本
監督:
出演:新垣結衣、生田斗真、向井理、蓮佛美沙子、ARATA、他

ハナミズキの見どころ

一青窈の代表曲「ハナミズキ」をモチーフとしたラブストーリーを土井裕泰監督が映画化。
ロケ地は北海道、東京、ニューヨーク、カナダで、主演は新垣結衣、生田斗真。
遠距離恋愛を通して恋愛していく二人の話。

ハナミズキのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

北海道釧路に住む平沢紗枝(新垣結衣)は高校三年生です。
子供のころに父を亡くして母と暮らしています。紗枝は英語を東京で勉強したいと思っています。
庭には父が残したハナミズキの木がありました。紗枝は漁師を継ぐために水産高校に通う康平と付き合い始めます。
康平の応援もあり、紗枝は早稲田大学に合格します。
そして紗枝は東京、康平は北海道と遠距離恋愛を始めました。紗枝はサークルや学業で忙しく、康平は北海道でなかなか連絡が付かない紗枝にやきもきします。紗枝は父と同じカメラマンを目指す北見純一と知り合い、塾でバイトしだします。なかなか連絡が取れない康平はクリスマスの日に、東京に紗枝に会いに行きました。
そして偶然にも北見と紗枝が一緒に居る所を見てしまいます。ごたごたしましたが康平は漁船の模型を紗枝にプレゼントします。
大学四年生になり、紗枝は内定が取れずに焦ります。そこに康平の父が借金苦で船を手放すことになり、最後の漁で康平の父はそのまま死んでしまいます。母、妹、借金を背負った康平は紗枝に別れを切り出すのです。
大学卒業した紗枝は北見の紹介でニューヨークの出版社で働きだします。そして北見からプロポーズされます。北海道で同級生の結婚式があり、紗枝が出ていると康平が居ました。康平もまた結婚したことを知ります。そこで紗枝はクリスマスに康平に貰った漁船の模型を返します。
その後康平は借金苦から自己破産してしまい、離婚します。康平はその後マグロ漁船に乗るのでした。
紗枝にプロポーズした北見は、取材中に亡くなってしまいます。

ネタバレと結末

二年後、紗枝は北見を追悼する写真展を開きます。
そして紗枝が生まれた場所であるカナダ・ルーネンバーグに行ってみました。そこには康平に返したはずの漁船の模型がありました。康平を乗せたマグロ漁船が来ていたのでした。紗枝は漁船の模型にメッセージを書き込みます。
そして紗枝は北海道に戻り、子供向けの英会話教室を開きます。そしてある日、漁船の模型を持った康平が現れます。漁船の模型には紗枝が書いた「ありがとう」の言葉がありました。
そして二人は「お帰り」「ただいま」と言って、抱き合い、二人には娘が生まれて幸せに暮らしました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました